👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

またさんって誰?社長?トライストーンがやばい理由や田中圭、違法薬物使用の噂も調査

ガーシーの暴露によって話題のトライストーンですが「またさん」といつも呼ばれている山本又一郎社長はどんな人なのでしょうか。

また、やばいと噂もあるのでその辺りも調査しました。

トライストーンとは

株式会社トライストーン・エンタテイメントは、日本の映画制作会社・芸能事務所・音楽プロダクションであり、映画プロデューサーである山本又一郎社長が1993年に設立した会社です。

「本物志向のマネージメント」をモットーとして、俳優やミュージシャンの育成をしている大手のプロダクション会社となっています。

また、タレント数は55人(組)であり、主な所属タレントは、小栗旬さん、田中圭さん、綾野剛さん、木村文乃さん、miwaさん、坂口健太郎さんなどであり、質の高い俳優やミュージシャンの育成を行っています。

トライストーンの「またさん」こと「山本又一郎社長」はどんな人

山本又一郎さんは、1993年に映画製作・マネジメント会社であるトライストーン・エンタテイメントを設立し、代表取締役に就任しています。

現在はプロダクション社長という立場ですが、以前は映画製作を主に行っており、最前線で活躍し続けていることでも有名です。

主な作品は「太陽を盗んだ男」「がんばれ!!タブチくん!!」「ベルサイユのばら(実写版)」「ゴルゴ13(アニメ映画)」「小説吉田学」「MISHIMA」など多数に渡り、数々の名作を生み出しました。

山本又一郎社長は、元々は「さいとう・プロダクション」で働いており、退職後もプロダクションスタッフであった漫画家、小池一夫さんや林ゆうさんのマネージャーをしていたなど、さいとう・プロダクションとの繋がりが強く、その際に小池さんの作品「子連れ狼」をハリウッドにしたいというオファーを受け、ハリウッドに渡ることとなったのでした。

そして、24歳でハリウッドのプロデューサーと運命的な出会いをしたことで「映画をプロデュースする」ことを決心し、20代にして「太陽を盗んだ男」や「ベルサイユのバラ」などをプロデュースすることとなったのです。

その後、理想の映画作りを追及した山本又一郎社長は、俳優を育成するプロダクションを設立するべきと思い、トライストーン・エンターテイメントを設立し、自ら代表取締役となったのでした。

 

山本又一郎のプロフィール

山本又一郎のプロフィール

本名:山本又一郎(やまもと またいちろう)
愛称:またさん、水島力也(みずしま りきや)※脚本家名
生年月日:1947年10月25日
出身地:鹿児島
所属事務所:トライストーン・エンターテイメント
職業:映画プロデューサー、脚本家、トライストーン・エンターテイメント代表取締役
家族構成:妻、息子

トライストーンがやばい理由1:ガーシーに所属俳優の綾野剛、田中圭の裏を暴露される

トライストーンは小栗旬さんや綾野剛さん、さらには田中圭さんや坂口健太郎さんなど、今最も勢いのある俳優たちが所属している、大手のプロダクション会社です。

しかし、その一方で「トライストーンはやばい」との噂も挙がっており、ネット上ではトライストーンの話題で持ちきりとなっているのです。

その理由の一つが「ガーシーさんによる所属俳優の暴露」です。

暴露系ユーチューバーであるガーシーさんは、俳優の綾野剛さんや田中圭さんの裏事情を暴露したことで世間は騒然となりました。

綾野剛さんは、過去に起こした淫行・未成年飲酒疑惑について暴露され、綾野剛さんは当時17歳であったNMB48の松岡知穂さんにお酒を飲ませてホテルに連れ込んでいたことを明かしました。

また、田中圭さんについてはギャンブル依存症であることを明かしています。

ガーシーさんは「田中圭はめちゃめちゃギャンブル狂い。東京都にあった違法カジノとかにも普通に出入りしていてエグいくらいの借金ができたときにまたさんがケツ吹いている」と暴露し、テレビで見せる爽やかな印象とは大きく異なる姿に世間は一時混乱状態となりました。

一連の暴露話はガーシーさんの一方的な配信となっているため真偽は分かりませんが、ネット上では「綾野剛最低だな」「綾野剛さんオワタ」などという声が飛び交い、さらには「2人が所属しているトライストーンはやばいの会社なのでは」などと2人が所属している会社自体に問題があるのではという声も多く寄せられていました。

トライストーンがやばい理由2:トライストーン関係者から杉本哲太の息子が違法薬物使用の内部告発

トライストーンがやばいと言われている理由の二つ目は「トライストーン関係者からの内部告発」です。

トライストーン所属に所属している俳優の杉本哲太さんの息子が違法薬物で逮捕されたことが報道され世間を騒がせていますが、実はこの出来事はトライストーン関係者から「NHK党」党首の立花孝志さんに手紙が届いたことで発覚したのです。

立花孝志さんは自身のYouTubeチャンネル「ターシーch」にてトライストーン関係者と名乗る人物から「所属タレントの息子が昨年10月頃に大麻所持で逮捕され、家宅捜査によって吸引に用いるパイプも出てきていたが、政治家や警察に手をまわしてもみ消した」などといった文書が郵送で届いたことを明かしています。

また、届いた文書は内部にいる人間でないと知り得ない、細かな部分まで書かれているため信憑性は高いとしています。

杉本哲太さんの息子は杉坂太吉さんであり、2019年まではバンドのドラムとして活躍し、脱退後もドラム演奏の仕事は続けている様子ですが、その腕前は確かな物でありながら体中にタトゥーが入っていてかなりヤンチャな印象を受け、ネット上では「違法薬物問題起こしそう」などと事件が本当である可能性が高いと考える人が多く存在しました。

しかし、杉本哲太さんの息子が違法薬物で逮捕されたことにも驚きですが、トライストーン関係者から内部告発が起こったことに世間は動揺し、「トライストーンはやばい」という噂がより広まることとなってしまったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。