👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

上島竜兵の3つの悩みとは?「竜兵会」ができない、子供がいないなど悩んでいた?真相を調査

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんですが2022年5月11日に自殺されたことが公表されました。

かなりショックで何かの嘘だと感じる方も多かったと思います。

明るく、なんでも体を張って笑わせてくれる上島竜兵さんですが悩んでいたのでしょうか。

今回はどんな悩みを持っていたのか調査しました。

上島竜兵の悩み1:子供がいないなどプライベートの悩み

上島竜兵さんは元モノマネタレントの広川ひかるさんと1994年に結婚しています。

当時、上島竜兵さんが33歳、広川ひかるさんが23歳と歳の差婚であったことも話題になっていました。

61歳で亡くなられてしまった上島竜兵さんですが、子供がいなかったことを不思議に感じる方も多いかと思います。

子供がこれまでいなかった理由としてはネットではこちらのような理由が挙がっています。

・単純に子供ができなかった
・子供が親のイメージを持たれたまま生きていくのが辛い
・ダチョウ倶楽部の肥後克広さんの娘がいじめられた

ただ、妻の広川ひかるさんとも仲が良い様子も見られているため、おそらく単純に子供ができなかったと考えられます。
60代であれば息子・娘が独り立ちして、結婚する、孫が生まれるなど普通であればさまざまなイベントがある年代です。

テレビには映らないプライベートの悩みに苦しまれていた可能性もあります。

上島竜兵の悩み2:尊敬していた「志村けん」の死

バカ殿で共演していて、プライベートでも仲の良かった志村けんさんですがコロナの影響で2020年3月29日に亡くなられています。
コロナの脅威を間近で感じるショックな出来事でした。

二人で出かけることもあったほどプライベートでもかなり仲が良く、奥さんを差し置いて出かけるほど上島竜兵さんは志村けんさんを慕っていたようです。

彼女みたいと噂されるほど一緒に行動することが多く、それだけ志村けんさんのことを好きで尊敬していたことがわかりますね。

亡くなられた後も志村さんが出演している番組の映像を見るたびに「志村さんはもういないのか…。」と喪失感に襲われていたようです。

上島竜兵の悩み3:「竜兵会」の解散や活動難などコロナ禍での行き詰まり

「熱々おでん」や「熱湯風呂」、「ケンカからのキス」など体を張った芸風が世間に人気だった上島竜兵さんをはじめとするダチョウ倶楽部ですが、コロナ禍もあり活動しにくい状態であったようです。

また、竜兵会の有吉さんや土田晃之さんなど上島竜兵さんを慕ってるメンバーとの食事会も減っており、本人はかなり寂しかったようです。
一時はリモート飲みも行っていたようですが、対面でない話しづらさなどから次第になくなってしまったようです。
先ほどの志村けんさんがコロナで亡くなったことからもコロナ禍でかなり悩んでいたことは間違いありません。

ダチョウ倶楽部はこれからどうなる?解散する可能性や2人で継続してほしいとの声もダチョウ倶楽部はこれからどうなる?解散する可能性や2人で継続してほしいとの声も
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。