👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

バリューマネジメントがやばい評判も?800万棟以上ある空き家・空きビル活用にやりがいがあるとの口コミも

今回はバリューマネジメントの口コミ・評判を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

バリューマネジメントが「やばい」との声はなぜ?

古民家などの歴史的建造物を活用した、婚礼事業・宿泊事業を展開するバリューマネジメントですが、検索結果に「やばい」といったワードが出てくるようです。

調査すると、次のような声もあるようです。

残業がやばい?

バリューマネジメントが「やばい」と言われる理由の一つ目に「残業がやばい」という声があります。

バリューマネジメント株式会社は、古民家などの歴史的建造物を活用して婚礼事業や宿泊事業を展開していますが、それは決して簡単なことではありません。

歴史的建造物の維持・利活用は難しい事業であり、一人ひとりに「成果への責任」と「常識に囚われない挑戦」が求められます。

バリューマネジメントは「日本文化の継承」を担っているため、激務であることは間違いありません。

バリューマネジメントでは、歴史的建造物を保有するオーナーや自治体を対象に企画提案やまちづくり支援、さらには結婚式やレストラン、ホテル事業を運営したりと、活動の幅は多岐にわたります。

社会貢献性の高い事業であるからこそ求められることも多く、一人ひとりが抱えるタスクも増えていくのでしょう。

しかし、バリューマネジメントの口コミには「やりがいがある」「バリバリと仕事ができる」などといった声も多く挙がっています。

忙しく業務に追われる日々を「やりがいがある」と捉える人も多く、業務量の多さを批判的に考える人はほとんど見かけませんでした。

それだけ、社会貢献性の高いバリューマネジメントの仕事内容は、やりがいに満ち溢れているということなのでしょう。

女性は活躍しづらい?

バリューマネジメントが「やばい」と言われる理由の二つ目に「女性は活躍しづらい」という声があります。

バリューマネジメントは残業が多く激務と噂されていることから、「女性は活躍しづらいのでは」と考える人も少なくありません。

女性は活躍しづらいと言われるのには、女性管理職の少なさやプランナーは土日祝日も仕事であるということが関係している可能性が考えられます。

数多くの女性が活躍していますが、結婚・出産をすると「働き続ける」といったことが厳しくなっていくのかもしれませんね。

しかし、バリューマネジメントの福利厚生は非常に整っており、多くの女性社員が産休・育児休暇を取得しています。

様々な課題が残りつつも女性の社会進出が進んでいるのは確かです。

結婚・出産を経た女性も男性と同じようにキャリアアップできる環境があると、今後さらに女性社員が増えより働きやすい環境になることでしょう。

このように、バリューマネジメントが「やばい」と言われるのには様々な理由があることが分かりました。

「やばい」といった声が挙がっているバリューマネジメントですが、実際には批判的な声はほとんど見当たりませんでした。

婚礼業界内で「再生は絶対に無理」と言われた会場をリノベーションなしに再生を遂げたり、眠り続けていた文化財を事業や街の象徴として復活させたりと、バリューマネジメントには成功させた実績がいくつもあります。

価値ある商材や業界に対してその価値を再生・最大化させるバリューマネジメントは、今後さらに大きな組織へと発展していくことでしょう。

そもそもバリューマネジメントとは

バリューマネジメント株式会社とは、2005年2月14日に設立された、「日本の文化を紡ぐ」をテーマに、歴史的建造物や空き家の利活用を展開する企業です。

空き家・空きビル問題は、日本の大きな問題です。

バリューマネジメントは、空き家・空きビル問題、歴史的建造物の維持・保存に向き合い、その価値を最大限に活かす取り組みを行います。

内閣官房「歴史的資材を活用した観光まちづくりタスクフォース」有識者メンバー、経済産業省「地域未来牽引企業」選出、「働きがいのある会社ランキング」7年連続ベストカンパニー選出など、多方面から評価を受けています。

バリューマネジメントの良い口コミ

古民家などの歴史的建造物を活用して婚礼事業や宿泊事業を展開し、歴史的資源を後世に紡ぐ取り組みを行っているバリューマネジメント。

国家の課題の一つである空き家・空きビル、歴史的建造物を利活用するなど、全国各地の施設再生を行うバリューマネジメントは、日本になくてはならない企業として高く評価されています。

地域貢献ができる

バリューマネジメントは地域貢献性の高い企業です。

取り扱っている歴史的資源は、神社仏閣、史跡、料亭、旅館、酒造、屋敷さらには、城下町や寺町などと幅広く、多岐にわたります。

しかし、自治体・法人・個人が保有しているこれらの施設や地域は、歴史的な魅力がある一方で維持や保存コストがかかるといった難しい問題を抱えており、活用されずに遊休施設となっています。

バリューマネジメントは、そんな遊休施設を無駄にするのではなく、利活用することで地域に貢献しているのです。

今の日本が抱える空き家・空きビル問題はかなり深刻で、約800万棟の空き家・空きビルが存在し、そのほとんどが歴史的建造物と言われているのだとか。

それらは決して無駄なものではなく、利用していた人々の知恵や行動様式が息づいており、人が生み出した正真正銘の「歴史的建造物」なのです。

バリューマネジメントは、そんな価値あるものをなくしてしまうのではなく、付加価値を加えて運営することでより魅力的なものへと生まれ変わり、課題解決へと導いてくれるのでした。

やりがいがある

バリューマネジメントは国家の課題の一つでもある空き家・空きビル問題に取り組み、歴史的建造物を利活用するという、社会貢献性の高い企業です。

創業以来、事業再生に取り組んでいるバリューマネジメントは、多種多様な施設・エリアに携わってきました。

市と組んで新たな街の名所となる商業施設を立ち上げたり、数年間眠り続けていた文化財を事業として、街の象徴として復活させたりと、数多くの成功実績があります。

これらの実績は、日々「日本の文化を紡ぐ」をテーマに取り組むバリューマネジメントだからこそ成功させることができ、バリューマネジメントにしか成功できなかったのです。

また、社員一人ひとりの強みを活かすためにキャリアチェンジが多いのもバリューマネジメントの特徴です。

ポジションが変わるたびに新しい景色を見ることができ、失敗や成功、挫折などと経験を積むことでさらに自分自身を成長させることができるのです。

「絶対に無理」と言われたことを成し遂げ、チームで成長し続けるバリューマネジメントは、会社だけでなく人としても成長できることでしょう。

バリューマネジメントはどんな人に向いている?

 

今回は、バリューマネジメントに対する声を調査しました。

バリューマネジメント株式会社とは、大阪府大阪市に本社を置く、歴史的建造物や遊休資産の利活用を専門とする日本の企業です。

「日本の文化を紡ぐ」をテーマに、歴史的建造物や街並み、レストランや結婚式などの事業に活用し、地域活性化に貢献しています。

バリューマネジメントが向いている人は、次の通りです。

・地域活性化に興味がある人
・課題解決能力が高い人
・歴史的建造物や世界遺産に興味がある人
・チームワークを重視する人
・チャレンジ精神がある人

バリューマネジメントは社会貢献性の高い仕事に携わることができ、社会に必要とされる企業として今最も注目されています。

歴史的建造物や遊休資産の利活用を通じて、地域社会の活性化に貢献したいという気持ちを持つ人にとって魅力的な企業なので、ぜひ興味のある人は情報を収集してみてくださいね。