👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

セッションの映画がひどい?怖い?パワハラで最低、ラストが感動するなど評判を調査

今回はセッションに対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

セッションとは

セッションとは、2014年にアメリカ合衆国で制作された映画であり、サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマです。

監督・脚本はデイミアン・チャゼルさん、主演は、マイルズ・デラーさんが務めました。

第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズさんの助演男優賞を含む3部門で受賞しました。

世界的ジャズドラマーを目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教官。

常人には理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声、やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る。

セッションが「ひどい」「パワハラ」との声はなぜ?

 

2014年、アメリカ合衆国でデイミアン・チャゼル監督によって制作された「セッション」ですが、ネット上では「ひどい」「パワハラ」といった声が挙がっているようです。

指導者のパワハラがひどい?

(引用:Yahoo!知恵袋)

本作は、名門音大に入学したドラマーと伝説の鬼教師の狂気のレッスンが見どころですが、鬼教官であるフレッチャーのニーマンに対する過激な指導に賛否あるようですね。
相手の人格を否定する言葉の数々、ものすごい剣幕な怒声、あげくの果てには暴力まで振るうその指導は、誰がどう見ても「ひどい」「パワハラ」と感じてしまいます。
今の時代、このような強圧的教育・指導は否定されるのが一般的であるため、より世間の声は厳しいものとなったと考えられます。

セッションは、デイミアン・チャゼル監督が学生時代に体験した「音楽に対する妥協なき姿勢を見せる指導者」がモデルになっているようで、その青春時代が反映された作品です。
そのため、実話とはいかないけれど、実体験をベースに製作されたことが分かります。

このようなことが実際に行われていたと思うとかなりゾッとしてしまいますが、実体験だからこそリアリティのある作品となったのではないでしょうか。

鬼教官フレッチャーを演じたJ・K・シモンズさんは助演男優賞を含む3部門で受賞をしており、世界中に名を轟かせました。
狂気じみた指導にさまざまな声が挙がっていますが、世界中が注目した作品であることは確かであり、才能と狂気のぶつかり合いに惹き込まれていくでしょう。

セッションの良い口コミ1:迫真の演技

 

セッションはたった19日という短い撮影機関で完了した作品でありながらも、キャスト陣の演技に魅了されたという人は多く存在します。

興行収入は世界で4,900万ドル、日本円にして約53億円となり、アカデミー賞では作品賞・脚色賞でノミネートされ、編集賞・録音賞、J・K・シモンズさんが助演男優賞受賞を果たしました。

主人公のニーマン役は、マイルズ・テラーさんが演じており、偉大なジャズドラマーを目指す青年という役どころとなっていますが、ロックのドラムは経験があったものの、ジャズドラムには触れていないのだとか。

そのため、撮影の数か月前から練習を行い、劇中ではほぼ全てのシーンでの彼のドラム演奏が映し出されています。

脚本で「ドラムに血が付き始める」と記載されたシーンでは、実際に流血してしまったほど壮絶な撮影を乗り越えており、心を打つ演技を見せてくれています。

また、本作で注目されていた人物・フレッチャー役は、J・K・シモンズさんです。

相手の人格までも否定するという過激な役は、彼の迫真の演技により強い存在感を放ち、観客は「怖い」と恐怖心を抱きました。

大学生時代に指揮を学んでいたようですが、ピアノ演奏には苦労したとのことで、努力があったからこそ勢いのある演技が生まれたのでしょう。

激しい攻撃をする役でしたが、ニーマンから反撃のタックルを受けるシーンでは助骨を2本折った状態で撮影を続けたようで、J・K・シモンズさんの本作に挑む本気の姿勢が伺えますね。

セッションで中心人物となる2人は、肉体的にも精神的にももがき苦しみながら役を演じ、その結果、熱狂的で狂気さえも感じる映画に仕上がったのでした。

セッションの良い口コミ2:感動する

才能と狂気に満ち溢れた映画・セッションは、感動するという声も多く挙がっています。

中でも特に感動的なシーンと言われているのが、ニーマンとフレッチャー2人のセッションシーンです。

そこで、圧倒的衝撃シーンを簡単に紹介します。

ニーマンは晴れ舞台に父親を招待し、この音楽祭では多くのスカウトマンが来ており、目に留まればブルーノートと契約できる大きなチャンスとなる、しかし失敗をすると2度とチャンスが貰えなくなる可能性もある。

フレッチャーから事前に、曲はジェイファー音楽院のときに演奏していたなじみのあるものだと知らされており、「ウィップラッシュ」を用意していたニーマン。

しかし、いざ始まった曲は伝えられていたものとは全く違、焦りながらも何とかドラムを演奏するニーマンにフレッチャーが近づき、「私をなめるなよ、密告はお前だな」と告げる。

そのまま悲惨な演奏で一曲を終えたニーマンですが、「お前は無能だ」と死刑宣告のように告げられショックを隠せない姿に、父親が駆け寄り肩を抱いた。

そのまま去ると思われたニーマンですが、再び舞台へ戻り、スピーチをしているフレッチャーを遮り「キャラバン」を演奏し始める。

フレッチャーも指揮をせざる負えない状況となり、ニーマンは口パクで「クソったれ」と言い、フレッチャーは「目玉をくりぬいてやる」と返す。

そして、ここから鬼気迫る2人のセッションが始まるのです。

始めは不機嫌な顔で指揮をしていたフレッチャーも、ニーマンの演奏がどんどん熱を帯び、今まさにフレッシャーの求めていたジャズ、生きた才能が現れようとしているのを肌で感じ始めます。

魂を全てさらけ出すようなドラム演奏に、フレッチャーの顔には次第に笑みが浮かび、次第にニーマンのためにバンドの指揮をするようになったのです。

そうして、極限まで高められたニーマンとフレッチャーによるセッションが終わりました。

主人公2人の狂った師弟関係が奇妙な絆に変化していくラストは、多くの人の心に焼き付け、映画界に嵐を巻き起こしたのでした。

 

セッションはどんな人に向いている?

今回はセッションに対する声を調査しました。

セッションは、世界的ジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学した生徒と、狂気じみた指導者の姿を描いた、音楽を題材とした物語です。

映画賞レースに合計142ノミネート、51受賞を果たしただけでなく、アカデミー賞を3部門受賞するなど、映画界に嵐を巻き起こした作品です。

鬼才フレッチャーに対して「怖い」との意見も挙がっている作品ですが、音楽への愛と毒を肌で感じることができる作品となっていて、観る人を魅了すること間違いありません。

コメントを残す