👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

山口銀行がやばいと言われる4つの理由とは?不祥事や内部告発、パワハラなども原因?

4630万円事件で最近注目されている山口銀行ですが、一部でやばいと言った声が上がっているようです。

今回はそんな声の原因を調査しました。

山口銀行がやばいと言われる理由1:フロッピーなどシステムが古い

山口県阿武町職員が4630万円を誤送金してしまった問題で、山口銀行の名が日本中に知れ渡りましたが、その「山口銀行がやばい」といった声が続出しています。

山口銀行がやばいと言われる理由の一つが「フロッピーディスクなど、システムが古い」ということです。

誤送金が発生した経緯は、新人職員が振込先の住民リストが入ったフロッピーディスクと町長の決済印が押された振込依頼書を銀行に渡し、その依頼書に誤記載がありました。

そして、振り込みが完了した段階で山口銀行の職員がおかしいことに気が付き、役場に連絡をして事件が発覚したのですが、昭和の遺産とも言われている「フロッピーディスク」を未だに使用していることに世間は注目し、指摘されることとなったのです。

フロッピーディスクの使用は山口銀行の希望であり、今回の事件は正しい情報が入ったフロッピーディスクと本来出す必要のなかった誤記載された振り込み依頼書によって誤送金が起こったと言われており、山口銀行の古いシステムに指摘が集中しました。

フロッピーディスクは販売終了から10年ほどが経っており、金融機関が未だに容量の小さいフロッピーディスクを使い続けていることに世間は驚きを隠せず、インターネットへの移行をすすめる声が後を絶たない状態となったのでした。

システムを変更するとなると予算が足らず、更新には大きなコストがかかると言われていますが、今回の誤送金問題で山口銀行はシステムを変えることとなるでしょう。

山口銀行がやばいと言われる理由2:4630万円事件などの不祥事

山口銀行は、4630万円の誤送金問題で世間を騒がせましたが、実は過去にも不祥事事件を起こしている「やばい銀行」だったのです。

山口銀行は平成25年に不祥事事件が発生したことを公表し、謝罪をしています。

事件の概要は、山口銀行の元行員(31歳男性)が平成21年12月頃から平成25年4月頃まで当行新下関駅前支店在籍時のお客2名から、外貨預金新約の現金合計13,500千円を着服していたことが判明し、男性は懲戒解雇処分となりました。

また、着服金については元行員より全額弁済しており、監督官庁への届出を行い、警察へ通報することとなりました。
この事件が発生後、再発防止の更なる強化に努め、全行あげて行員の教育や指導を徹底すると書面でお詫びをしていましたが、その数年後に4630万円の誤送金トラブルが発生することとなったのです。

事件内容は違いますが、山口銀行の度重なる不祥事に「山口銀行はやばい」と噂される
ようになり、山口銀行を利用している人や利用を検討中であった人は、利用に踏みとどまる人が続出することとなったのでした。

山口銀行がやばいと言われる理由3:出世にはパワハラ必須?

山口銀行がやばいと言われるのは、数々の不祥事や古いシステムの他に「出世にはパワハラが必須」といった実態があります。

実際に山口銀行に務めていた人の口コミを確認すると「いじめやパワハラは普通にあって、昔からある様子で上は見て見ぬふり」「パワハラを肯定的に認めていない」「パワハラ体質な人が多い」などと、体育会系のノリでパワハラ体質な人が多いことが分かりました。

また、山口フィナンシャルグループは過去に「現役社員座談会」というものが開かれており、退職者や現役社員が山口フィナンシャルグループの様子や実態についてさまざまに討論していたのです。

そして、座談会では吉村氏がかなり強烈な人であったことが明かされており、その様子を「トチ狂っていた」と現役社員は語り、吉村氏は「熱魂」というワードを大切にしていることを公表していました。

10くらい付随する文章を暗記させられ、ホテルで社員の決起大会のようなイベントでは情熱を感じさせる赤いものを身につけて参加させられたりと、吉村氏の奇行だけでなく企画する周囲も異常であったと語り、従わなければいけない風潮は想像を絶します。

こういった情報が世間に流れた結果、山口銀行はパワハラが当たり前と思われるようになり「山口銀行は出世するにはパワハラが必須」と言われることとなったのでした。

山口銀行がやばいと言われる理由4:社員からの内部告発

2022年1月、山口フィナンシャルグループの有志社員による内部告発状が株式会社データ・マックスに届き「曽我新任取締役を除く全取締役の罪状疑義に関する告発状」が紹介されたことで世間を騒がせました。

そして、問題の告発状の内容は、コンサルティング会社への多額のコンサル料の支払いや、吉村氏と過去の山口銀行を巡るスキャンダルとの関係、さらには本人の女性スキャンダルまでが取り上げられており、一般的な内部告発というにはあまりにも下品な内容となっていました。

告発文書の内容は怪文書のように捉えられていましたが、新規事業を含めて吉村氏の改革路線に疑問を感じ、くすぶっていた不満に火をつけるには十分すぎる内容であり、地銀ならではの問題や難しさが浮き彫りとなったのも事実です。

しかし、告発文書の真偽は定かではありませんが、こういった内部告発が起こってしまう山口銀行に世間は「やばい」と感じてしまい、結果として「やばい銀行」というレッテルを貼ってしまうこととなったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です