👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

呼び出し先生タナカがつまらない3つの理由とは?パクリ問題で打ち切り終了?噂の真相を調査

呼び出し先生タナカですがつまらないと感じている人が一定数いるようです。

今回はそんな意見について調査しました。

呼び出し先生タナカとは

呼び出し先生タナカとは、田中卓志(アンガールズ)が、様々なゲストを生徒として迎え、熱血指導するバラエティー番組です。

毎回呼び出されるゲストは、俳優やアーティストなどバラエティーに富んだメンバーたち。

番組では、そのゲストたちに小中学生レベルのテストを受けさせ、タナカ先生が生徒たちの珍解答を、笑いを取りながら熱血指導していくスタイルで進行していきます。

さて、ここまでの内容を振り返って「ん?」と思った方は、某番組を思い浮かべていることでしょう(笑)

この記事では、呼び出し先生タナカの疑惑についてまとめました。

呼び出し先生タナカがつまらない・ひどい理由1:パクリ問題で打ち切り終了?

先述した疑惑とは、結論からいうとパクり疑惑のこと。

というのも、番組の企画から構成まで「めちゃイケ」の芸能人抜き打ちテスト企画そのまま?だったからです!

同じフジテレビ系の番組とはいえ、レギュラー放送していた前番組の企画をパクったらいけませんよね。

MCの田中はやらされている立場であるにも関わらず、矢面に立たされていることから、ある意味犠牲者なのかも知れません。

田中は自らが出演するラジオ番組で、スタッフが呼び出し先生タナカの番組はめちゃイケの企画のパクリ番組として制作されていることを把握していたと明かしました。

さらに、めちゃイケの企画をフォーマットしているのは間違いないと言ったことから、完全にパクリ企画ということを認める発言をしています。

つまり、呼び出し先生タナカは、パクリ企画なのでパクリと言われても当然!ということをわかった上で制作していたのです。

最近のフジテレビの不調を考えると、過去の栄光にすがりつく気持ちもわからなくはないですが、このままでは早期打ち切りも有り得る自体となってしまいました。

呼び出し先生タナカがつまらない・ひどい理由2:田中を活かし切れていない

呼び出し先生タナカのつまらないという感想に、何か理由があるのかを考えてみました。

番組構成を見ると、生徒の珍解答を先生が面白おかしく、正答を示していくという流れ。

めちゃイケでは、おバカなレギュラー組とゲスト組を、岡村隆史が厳しく上手に舵取りをして見事に笑いに昇華する型です。

一方の呼び出し先生タナカも同様の型になります。

しかし、田中卓志のキャラと岡村隆史のキャラが異なることから、本家であるめちゃイケとのギャップが生まれているようです。

有吉弘行は、「人の悪口を言わない」と田中卓志を評価しています。

この評価を考えると、田中卓志のキャラが珍解答をいじる番組構成に合っておらず、キャラを活かしきれていないように思え残念でなりません。

この記事の執筆時は、まだ呼び出し先生タナカの番組は始まったばかり。

ですので、これから番組を田中卓志の型に昇華させ、めちゃイケに寄せることなく、面白い番組になることを願っています。

呼び出し先生タナカがつまらない・ひどい理由3:ゲストが弱い

呼び出し先生タナカの出演者は、第一回放送を見る限りパンチが効いていないと思います。

なぜならば、底抜けにおバカなお笑いタレントを起用していなかったから…

番組の制作側からしたら、様々な大人の事情も当然絡むはずなので、アイドル枠やら俳優枠を作らなければならないのは当然のことです。

しかし、それぞれ事務所からの指示があるのか、あまりパンチの効いた面白い珍解答が少なかったように思えます。

そもそも視聴者が求めているのは、想像もしないくらいおバカな解答で、腹を抱えて笑うことではないでしょうか?

想定内のおバカ解答に対して、普通に田中がツッコミを入れることに面白さを感じる人はごく少数でしょう。

もちろん、想定内のおバカ解答であっても、拾いきって笑いに変える手腕が田中にはもっと必要なのかも知れません。

しかし、この傾向が続くとなると、めちゃイケの企画の劣化版になってしまうどころか、純粋に笑いを求めているお笑いファンは、呼び出し先生タナカから離れてしまいます。

ですので、番組存続のためにも軸となるおバカキャラの厳選は、呼び出し先生タナカにとって急務といえるのではないでしょうか?

できたら、田中卓志を活かし切るおバカキャラが現われると最高なのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です