👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

ゆるキャンの映画がひどい?鬱・これじゃない・夢オチなどの声はなぜ?

映画『ゆるキャン△』ですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

映画『ゆるキャン△』とは

『ゆるキャン△』は、まんがタイムきららフォワードで2015年に連載されたあfろによる漫画作品です。

2018年にアニメ第1期、2021年に第2期が放送され、第3期の放送が2024年に予定されています。

アニメの人気も高く、2022年には映画『ゆるキャン△』が公開されました。

志摩リンは故郷の山梨を離れ、名古屋の小さな出版社に就職し一人暮らしをしていました。

とある週末、ツーリングの計画を立てていたところ高校時代の友人・大垣千明から「今、名古屋にいるんだが」と唐突にメッセージが届きます。

山梨の観光推進機構に勤める千明は、数年前に閉鎖された施設の再開発計画を担当していました。

千秋はリンの何気ない一言から、キャンプ場の立ち上げに向けて動き出すことになります。

高校時代にキャンプで繋がった仲間が再び集い、今だからできることに挑むアウトドア系ガールズストーリーです。

映画『ゆるキャン△』が「ひどい」との声はなぜ?

 

映画『ゆるキャン△』と検索するとひどいというワードが出てきます。

皆さんはどんなところにひどいと感じているのでしょうか。

・キャンプ場を作る姿ではなく、キャンプをする姿が見たかった。

・高校生がゆるくキャンプする彼女たちを見るのが楽しかったので、アニメの時みたいにキャンプしてほしかった。

・キャンプをあんまりしてないのがガッカリ、通常のアニメの時のようにもっとキャンプ豆知識みたいなのが見たかった。

・女子高生のアウトドアが大人のグルメシーンに変わっていて思っていたのと違う。

・期待していた「ゆるキャン△」と違ってコレじゃない感じが残念だった。

・主人公たちが高校生ではなく社会人になっているので、TVアニメとは違う物になってしまっている。

・映像も音楽もTVシリーズの延長として違和感なかったのに、社会人設定だけが余計で勿体ないと思った。

・仕事を持つ社会人が片手間にキャンプ場を作るのはリアリティが感じられない。

高校生がゆるくキャンプする姿を期待していた方は、登場人物が社会人になっている設定や、あまりキャンプをしないストーリーに期待していたのと違うと感じている声が多くみられました。夢オチだと疑っていた人もいるようですね。

映画『ゆるキャン△』の良い口コミ1:キャンプに行きたくなる

 

映画『ゆるキャン△』を見るとキャンプに行きたくなるという声が多くみられました。

「ゆるキャン△」は、作者のあfろ先生本人の経験や取材に基づきキャンプ場の綺麗な風景や、実践してみたくなるキャンプ飯などリアリティーのある描写が話題となり、キャンプブームを起こしました。

映画でもその魅力が変わらずに描かれており、実際にキャンプをしてみたい気持ちになる方が多いのではないかと考えられます。

「ゆるキャン△」を見るとキャンプしたくなる、ご飯が美味しそうという声が多くみられます。

・キャンプしたくなるし、ご飯は美味しそうだし、すごくワクワクする。

・ゆるゆるとした時間が流れていく感じが大好き、キャンプに行きたくなってうずうずする。

・一度はやってみたいと思っていたキャンプを、ゆるく疑似体験出来るのが良かった。

また、作中のキャンプ飯が美味しそうという声もみられます。

・飯テロ攻撃も相変わらず美味しそうで、お腹が鳴りそうだった。

・「ゆるキャン△」に出てくるキャンプ飯全部食べたい、ゆるキャン飯を作るキャンプがしてみたい。

・風景や食べ物の描写がとても綺麗で、キャンプしたいし実際に食べてみたい。

映画『ゆるキャン△』は実際にキャンプに行って、劇中のおいしいキャンプ飯を食べて見たくなるような作品のようです。

映画『ゆるキャン△』の良い口コミ2:優しい世界に癒される

 

映画『ゆるキャン△』に癒されるという声が多くみられました。

アニメ「ゆるキャン△」は高校生がゆるくキャンプをする姿がリアルに描かれ、人気作品となっていました。

大人になった姿を描いた、映画『ゆるキャン△』も変わらないその優しい雰囲気に視聴者は癒されるのではないかと考えられます。

相割らずのほのぼのしていて癒されるという声が多くみられます。

・変わらないみんなが可愛くてほのぼのしていて癒される。

・2時間ほっこり、優しさを感じる作品だった。

・大人になっても変わらないみんなの関係がとても良いと思った。

・世代は変わってもやっぱり好き、頑張りとほのぼのが程よく共存してる。

・みんなと食べる楽しさ、ゆっくりとした時間の流れなど、ゆるキャン△らしさが出ていてキャンプや自然を通してゆるい日常に癒やされた。

・大人になった姿が見られて嬉しい、誰も不幸にならない安心感があってストレスなく見れるのも良い。

・ゆるキャンは温かい気持ちになる、大人になった皆が観られたのがアツかった。

お馴染みのゆるく癒される要素も多く描かれており、大人になった彼女たちを見ても違和感を覚えることなく楽しめているという方が多くみられました。

映画『ゆるキャン△』はどんな人に向いている?

 

キャンプの楽しさや、おいしいキャンプ飯の描写も多く、キャンプをしてみたい方やキャンプ好きの方におすすめの作品になっているようです。

また、「ゆるキャン△」らしい綺麗な風景や、癒される雰囲気も魅力的でほっこりしたい方やほのぼのした作品が見たい方にも向いている作品と言えるようです。

コメントを残す