👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

アバターはなにがすごい?なぜ人気?面白さとは?3Dの迫力、万人受けするなど声を調査

今回は映画「アバター」が人気の理由について調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

アバターとは

アバターとは、監督ジェームズ・キャメロンが新たに生み出した名作です。

SF撮影技術で作り上げた美しい映像世界、人々を惹きこむ独創的なストーリーによって、人気を博し、歴代映画の興行成績1位という快挙を成し遂げました。

映画タイトルでもある「アバター」とは、ネット上の仮想世界で自分の分身として作り上げられたキャラクターで、SNSやオンライン上でのコミュティの中で自分を紹介したり、活動したりする目的で使用されます。

映画公開前からこのようなサービスはありましたが、映画公開をきっかけにアバターのサービスは爆発的に普及したと言えます。

アバターが人気な理由1:初の3D上映方式

アバターは、公開当時130か国、すべての国でオープニング第1位を達成し、世界中の注目を集めました。

また第82回アカデミー賞で作品賞、監督賞を含む9部門にノミネートし、その中でも視覚効果賞、美術賞、撮影賞の3部門を受賞、3Dデジタルカメラを使った作品で初めて撮影賞を受賞する歴史を作りました。

やはり、人気の理由として映像がキーワードになっているようです。

「3D映画のパイオニア。

映画館も設備投資までして全世界的に3D映画による新時代の始まりをアピールしていました。

CGも当時としては極めて高クオリティであり、ストーリーは判りやすくアトラクションムービーとしての付加価値によって充分感動とスペクタクルを兼ね備えていました。」

「当時3D映画というものが目新しく、その火付け役となったのがアバターという映画です。」

という口コミが多く見られました。

当時試験段階だった3D上映方式を最初に世界規模で使用し、3Dに対する注目度が一気に高まっていったと言われています。

アクションムービーということに、3Dの効果が加わることで臨場感が増し、アバターの世界観に惹きこまれる人が多かったのでしょう。

アバターが人気な理由2:万人受けする内容

3D上映で世界的に注目を浴びましたが、ストーリーの内容にも人気は隠されていたようです。

「ストーリーが誰にでも理解できる。子供からお年寄りまで万人受けする内容なんだと思います。」

「単純で爽快な話で、売り物も映像美と見ればわかるものです。つまり万人に受け入れやすいものです。」

「ストーリー自体は単純明快です。それに3Dの効果でより感情移入しやすくなる。特にゲーム世代にとっては、バーチャルリアリティとして受け入れやすい。」

「アバターは小さい子まで観に行っています。」

「ラブストーリーも含まれ内容が取っ付きやすい。」

このように、ストーリーの内容がわかりやすかったり、爽快なエンディングだったために、世界中の老若男女に受け入れられてきたのでしょう。

ストーリーには、傷ついた人間の再生、新たに見つけた友情や恋愛、家族、故郷などが描かれているので、そういったところも共感を得やすいキーワードが多く人気が出た一つだと言えます。

アバターはどんな人におすすめな映画?

ここまでの情報を踏まえて、特に家族で観るのをおすすめしたいです。

世界共通ともいえる「家族」をキーワードの一つにしていますし、小さな子から少し洋画を観るのに抵抗のある高齢者世代までわかりやすいストーリー展開がされているからです。

また、映画館でしか3D上映を楽しむことができませんが、2022年12月に「アバター2」が日本で公開されるそうです。

前作「アバター」を家のテレビで楽しみ、「アバター2」は映画館で3D上映を楽しみ、その違いを見比べてみるのも面白いのではないでしょうか。

アバターがつまらない?気持ち悪い?アバター2の何がすごいかも調査 アバターがつまらない?気持ち悪い?アバター2の何がすごいかも調査

コメントを残す