👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

報道1930がひどいとの声はなぜ?議論の内容や出演者へのコメントなど噂を調査

報道1930ですが一部でひどいと言われているようです。

今回はそんな声を調査しました。

報道1930とは

報道1930とは、BS-TBSで2018年10月1日からBS-TBS4Kで同年12月3日から、それぞれ毎週月曜日から金曜日の19時30分から20時54分に生放送されている大型報道番組です。

BS-TBSが2000年12月の開局以来、初めて放送する平日の大型報道情報番組であり、日本のBSデジタル放送ではすでにキー局系の他の民放局を中心に「BSフジLIVEプライムニュース」や「深層NEWS」などの報道番組を看板に据えており、本番組の始動は他局に「殴り込み」を仕掛ける体裁となりました。

番組の最大のポイントは、夜の7時半からスタートすること、NHKから流れてくる、もっと深くニュースを知りたい、聞きたいというニュースコア層をBSフジに先駆け、取り込んでいくことです。

報道1930がひどいとの口コミ1:橋本徹さんがひどい?

毎週月曜日から金曜日まで生放送されている報道1930ですが、ネット上では「橋本徹さん」に関する口コミが多く寄せられています。

報道1930の「橋本徹さん」に関する口コミは以下の通りです。

・今、BS6の報道1930を見ています。橋本徹の態度が悪いこと、悪いこと。学者の態度が悪いのどうのと輪転に外れた批判を延々と繰り広げ、元学術会議会長の広渡さんも呆れている。政界に入りたいもんだから菅にべったり。見苦しいったらありゃしない

・橋下徹もとい平熱パニックおじさんは批判されて逆切れして論点すり替えているのに非常に酷いのでもう2度とテレビに出ないでほしい

・報道1930、橋下徹が出てきて電源オフ

・報道1930つけたら橋下徹出てるし、顔見るだけで腹立つ、なんで専門家づらして出演してるの?アホなの?

このように、報道1930に出演している橋下徹さんに関する口コミが多く寄せられており、橋下徹さんが出演していることで、「報道1930は見たくない」と感じている人が多く存在していました。

橋下徹さんは報道1930のゲストとして番組に出演しており、たびたび出演しています。

何度もゲストとして番組に出演するということは、それだけ橋下徹さんの「発言」に注目が集まっているということになります。

橋下徹さんは、タレントや文化人批判、下ネタなどを発言する一方で、ワイドショーなどでは事故や事件、時事問題について自身の意見を述べ、さらには司法問題や法曹界全般、弁護士、裁判官の資質に至るまで幅広く批判をし、話題となりました。

その姿勢からテレビ界では重宝されるようになり、結果として報道1930にも何度もゲストとして呼ばれるほどに注目されているのでした。

報道1930がひどいとの口コミ2:議論がひどい?

報道1930がひどいという口コミには、「議論」についての口コミが多数寄せられています。

報道1930の「議論」に関する口コミは以下の通りです。

・「本人が良いと思って献金してるんだから」「信仰の自由が~」っていつまで言うつもり?統一教会は宗教ではないですから、反社会団体です。韓国発反社団体は、日本から追い出せないと!「どうやって追い出すか」についての具体的な議論をしてほしい

・報道1930。ウクライナの軍事戦術を議論しているときになぜパックンのようなど素人がコメンテーターそして出てくるのだろう?コメントの内容が上っ面なので、彼が話すたびに消音にしている。こんな低レベルのことは、やめてほしい

・そもそも、この教団をこのまま宗教法人として残すのか?組織の改革案は、後の話だろう。議論の順序がおかしいのでは?

・献金1割とか3割、どっちが適切かとかそんな議論どうでもいい。とにかく何よりも先に法人格の剥奪!ますはそおこからです!

このように、報道1930を観た人の多くは番組で繰り広げられる「議論」に不満を抱いており、議論の内容や順序がおかしいと感じていることが分かりました。

報道1930では、さまざまなニュースを取り上げており、TBSアナウンサーやコメンテーターの堤伸輔さん、パトリック・ハーランさんやゲストを交えて議論を行います。

しかし、取り上げられるニュースは世間が注目している内容であるにも関わらず、議論の論点がズレていたり、議論して欲しい点に着目していないことから、世間からは低評価となり、「報道1930はひどい」と言われてしまったのでした。

報道1930の良い口コミ:内容が濃い

ゲストや議論に関する低評価な口コミが相次いでいる報道1930ですが、中には「内容が濃い」といった高評価な口コミも少なくありません。

報道1930の「内容」に関する口コミは以下の通りです。

・1時間強ありますが、内容濃いので早く感じます。日本国民はしっかり見た方がいいです。

・今日は内容濃い、テレビでは野党は全くと言っていい程取り上げないから、今日はじっくりお二人のお話聞ける貴重な日

・時間短いのに内容濃いわ~

・BS-TBS報道1930を見て。夜7時30分。今の政治を、冷静に捉え、有識者が内容濃い議論をしている。反安倍、安倍擁護の両方、平等に発言している。虎ノ門なんかとは違う。平日だけだったと思う

このように、ネット上には報道1930について高評価な口コミが相次いで寄せられており、多くの人が内容が濃いと感じていることが分かります。

報道1930は、NHKから流れてくる、もっと深くニュースを知りたい、聞きたいというニュースコアな人々に取り込んでいくことが狙いであり、地上波を含め、ニュースがない報道の未開拓ジーンにくさびを打ち込んでBS-TBSが旗をたてるとアピールしていました。

そのため、世間が注目している内容を取り上げ、番組の冒頭から放送されるコーナー「1930今夜の視点」、20時前後から取り上げられる「特集 ハードトークセッション」は注目を集め、内容の濃い番組として、人気を集まることに成功したのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です