👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

キングダム実写がすごい?ひどい?全体的に安っぽい、演技がひどいなど噂を調査

実写版キングダムですが実際のところ視聴者の意見はどうなのでしょうか。

今回は実写版キングダムの口コミについて調査しました。

実写版キングダムとは

実写版キングダムは、累計6400万部を突破するほど人気の原泰久さんによる人気漫画を実写映画化したものです。

キャストは山崎賢人さん、吉沢亮さん、橋本環奈さん、長澤まさみさん、本郷奏多さん、満島真之介さん、大沢たかおさんが起用されており、紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に西方の国・奏で天下の大将軍となることを目指して剣の修行に明け暮れる戦災孤児の少年・信と後の奏の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・嬴政の活躍を描いた物語となっています。

2019年4月19日に公開されたキングダムは興行収入57億3000万円を記録し、キングダムの続編である「キングダム2 遥かなる大地へ」は2022年7月15日に全国に公開となりました。

キングダムの実写がひどい意見1:本物感がなく、全体的に安っぽい

実写版キングダムは、2018年4月のコミックス第50巻達成を記念して実写映画化されたものであり、連載10周年記念動画で信役を務めた山崎賢人さんが主演になっただけでなく、監督に佐藤信介さん、1年に渡る脚本会議には作者の原泰久さんも参加するなどと、待望の映画化となった作品です。

しかし、そんな期待とは裏腹に、実際に実写版キングダムを観た人は「ひどい」「観るべきではない」などと、低評価な口コミが相次いで寄せられています。

中でも特に多いのが「安っぽい」というものです。

キングダムの撮影の舞台は、中国浙江省に位置する広大な面積を誇る象山影視城であり、戦国時代の華麗な将帥府と荒れた貧民窟がリアルに再現された絶好のロケーションなのですが、キングダムで使用されている甲胄と剣の出来が悪いことが指摘されています。

完成度が低いと言われているものは全て鉄製のものであり、剣なのにすごく光沢があったり、甲胄は役者の負担を考えて軽量化された可能性が高いのですが、あまりにも安っぽい出来であったため「表面だけでも本物の鉄を使うべきだった」と言われています。

戦いの場面が多いため、剣や甲胄は細かい傷だけでなく剣や槍の傷も残るはずです。

しかし、キングダムで使用されている鉄製のものの多くはほとんど大きな傷がついていないため、観た人からは「どこか安っぽい」「少しでも本物感を出してほしかった」などと残念な声が多くなってしまったのでした。

キングダムの実写がひどい意見2:演技がひどい

実写版キングダムがひどいと言われている理由のなかに「キャストの演技がひどすぎる」というものがあります。

実写版キングダムには、山崎賢人さんや吉沢亮さん、さらには橋本環奈さんや長澤まさみさんなど多くの豪華俳優陣が出演しているのですが、実際に観た人からは「棒読みの役者が多い」「ただ大声で叫んでいるだけ」などと、演技力が下手すぎると感じている人が多く存在しました。

マンガやアニメでは緊張感が綺麗に描かれており、ピリピリとした緊張感を感じ取った人は多かったのですが、実写版では緊張感に欠ける演技が多くなっています。

また、主人公の信がただ大きな声を出して戦闘するというシーンが多く、原作でも大声で話すことが多い信ですが、映画となると少々違うように写ってしまい、「ただただ声が大きい」という印象になってしまったのです。

この他にも、キャストの演技力に加えてワイヤーアクションの出来もひどいと言われていて、戦闘シーンに欠かせないワイヤーシーンにそこまで派手さが感じられず、見ごたえが無いとも指摘されているのです。

そのため、ネット上では「ワイヤーシーンなくても良かった」「雑な作りで残念」などと痛烈な意見が多く寄せられました。

このように、迫力が見ごたえと言われているにも関わらず脈動感がほとんど感じられなかったことや、キャストの演技力が不十分であったことで「実写版キングダムはひどい」という評価に繋がってしまったのでした。

キングダムの実写がすごい意見:アクションシーンの迫力がすごい

実写版キングダムは2019年に公開され「質の高い映画」として評価され、興行収入は57.3億円を記録しました。

また、2022年7月には「キングダム2 遥かなる大地へ」が公開され、待望の続編に多くの人が歓喜しました。

実写版キングダムが高評価を得た意見は多数ありますが、中でも特に多かったのが「アクションシーンの迫力がすごい」というものです。

紀元前245年・春秋戦国時代の中国を舞台に「天下の大将軍」を夢見る戦災孤児の少年・信と、中華統一の夢を掲げる後の始皇帝・エイ政の出会いと激闘を描くキングダムは、広大な中国を舞台とし、大軍勢が入り乱れるバトルシーンは原作でも見どころとなっています。

実際に観た人の口コミは「坂口拓さんのアクションシーンはすごい」「剣を中心としたアクションシーンが魅力」「長澤まさみさん演じる楊端和の一言をきっかけに始まるバトルシーンはめちゃくちゃかっこいい」などと、アクションシーンに対する高評価な口コミが多く寄せられていました。

実写版キングダムは歴史アクション映画とも言われていて、戦闘シーンが大きな見どころとなっています。

そのため、アクションシーンにはワイヤーアクションを取り入れたり、ジャッキーチェンのアクションチームが参加したりと、アクションシーンにかなりの力を注いでいることで、観た人にもその臨場感が伝わり、「アクションシーンを観るためにもう一回観たい」という人が出てくるほどに高評価な作品になったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。