👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

コドモのコドモがひどいと言われる3つの理由とは?絵が下手、現実離れしているなど噂の真相を調査

コドモのコドモですが一部でひどいと噂されているようです。

今回はそんな噂について調査しました。

コドモのコドモとは

コドモのコドモとは、さそうあきらさんによるう日本の漫画作品であり「漫画アクション(双葉社)」で2004年5月20日より連載され、実写版映画が2008年9月27日に公開されました。

東京都の郊外に3世帯で住む小学5年生の少女が幼馴染と戯れているうちに、性に関する知識も相手への恋愛感情もないまま性交にいたり、妊娠し出産するまでの物語となっています。

主人公である担任教師が巷間の価値観や児童、保護者たちとさまざまに葛藤する姿が描かれており、子どもが子どもを産むことをテーマとし「命の尊さ」を描いた作品です。

コドモのコドモがひどいと言われる理由1:現実味がない

コドモのコドモとは、まだ小学5年生という幼さで性に関する知識がないまま幼馴染と「ヒミツの部分」をくっつけてしまった結果妊娠してしまう話であり、子どもが子どもを産むということはどういうことなのかがテーマとなっています。

漫画から映画にもなるほどで、世間の評価を良くも悪くも受けてきた作品ですが、実際に観た人の口コミには「ひどい」「観ない方がいい」などといった低評価の口コミが相次いでいるのです。

その理由の一つが「現実味がない」というものです。

実際にコドモのコドモを観た人の口コミを確認すると「危険な妊娠と出産があいまいに書かれ過ぎている」「妊娠、出産、育児があまりにもリアリティがなくて現実離れしている」「イメージで補正されている」「実際の小学生は産むことは出来ても教育は出来ない」などと話の構成に違和感を感じている人が多く、現実味が感じられないという意見が多数寄せられていました。

コドモのコドモを観た人は男性よりも女性が多く、出産や育児を経験したからこそ話の構成に違和感を感じてしまうのでしょう。

また、主人公が有名なモデルとなるシーンでは、低年齢なのにも関わらず叩かれないところや、クラスメイトや親の在り方、出産方法なども現実離れし過ぎていてファンタジー物語のように感じている人も少なくなく、あえて描いていない部分や表現方法を柔らかくしてしまったことで観た人に違和感を与えてしまい、結果「コドモのコドモは観る価値がない」という評価となってしまったのでした。

コドモのコドモがひどいと言われる理由2:絵が下手すぎる

コドモのコドモは命の尊さを描いた作品であり、現代でも増加傾向にある「低年齢出産」という問題に直面した作品です。

倫理的観点や教育的によくないなどといった批判が相次いでいるのですが、話の構成に関する批判だけでなく、作者であるさそうあきらさんの絵が「下手すぎる」という口コミも多数寄せられています。

ネット上の低評価の口コミを確認すると「話がどうとかの問題以前に絵が汚いので読みにくい」「価値観の問題で個人差があるけれど絵が下手」「絵が好きになれない」などと作者の絵に問題があると感じている人が多く存在しました。

また、絵だけでなく主人公の乱暴すぎる言葉使いに不快感を抱いた人や、あのルックスでモデルなんてあり得ないなどと、絵の上手さ下手さではなく登場人物の設定が気に食わない人もいました。

さそうあきらさんはコドモのコドモ以外にも「神童」や「トトの世界」などと数々のヒットを生み出しており、有名な漫画家の1人です。

しかし、物語の構成は評価してもらえても絵が好きになれないという人も多く「絵は下手だけど好き」「初めは下手だと思ったけど素人っぽい絵柄も読むにつれて好きになる」など好きな漫画家だけれど絵に才能は感じないと考える人は何人にも及びました。

そのため、コドモのコドモも内容は世間の注目を浴びるようなテーマとなっているにも関わらず、絵柄の雰囲気は変わっていないことで、「絵」に関する低評価な口コミが多くなってしまったのでした。

コドモのコドモがひどいと言われる理由3:劇場で放映されるには過激すぎる

コドモのコドモをめぐる批判は絶えず、小学生が出産や育児を行う姿はあまりにもリアリティが感じられず現実味がないと言われているだけでなく、内容が過激すぎることでも話題となりました。

コドモのコドモが過激すぎると言われている問題のシーンは「ヒミツの部分をくっつけるだけで小学生が妊娠する」「子どもでも産める」「大人の手助けが無くてもへその緒が切れる」などといったシーンです。

このように、大人にとっても過激と感じてしまうシーンは多々あり、難しい問題である「低年齢出産」が題材となったことに賛否は分かれることとなり「目にした子ども(少年)の性のモラルが低下する」「一般上映されるような内容ではない」「14歳の母でも酷い話なのに小学生はありえない」「実際に目にした子どもが同じことをしてみようと試す可能性がある」などといった口コミが多発し、「上映は中止するべき」という口コミも存在しました。

また、過激な表現が含まれているにもかかわらず、劇場公開がR指定となっていないことも疑問視されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。