👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

小室圭がかわいそうな3つの理由とは?大学教授はどこ大学を目指す?気になる疑問も調査

何かと話題になる小室圭さんですがメディアの取り上げ方など、一視聴者としてかわいそうだと感じます。

同じように感じる方も多いようで、どんな点からそう感じるのか調査してみました。

小室圭がかわいそうと言われる理由1:司法試験に落ちたことが即放送される

小室圭さんは、秋篠宮文仁親王第1女子小室眞子さんの配偶者であり、法務助手としてニューヨークの法律事務所に所属しています。

日本からニューヨークに飛び立って、穏やかに暮らしていけると思いきや、現在も報道陣に囲まれ穏やかとはほど遠い生活を送っており、ネット上では「かわいそう」という声が挙がっています。

小室圭さんはニューヨークで弁護士になるために司法試験に奮闘中であり、2022年7月に行われる司法試験に再々受験することが分かっているのですが、試験に落ちたことが全国に流され続けている様子に「かわいそう」「自分だったら耐えられない」といった声が多数寄せられているのです。

確かに、試験に落ちることはかなりのダメージを受けるものであり、ニューヨークでのビザ問題や眞子さんを養っていくことを考えると相当な精神力が必要です。

そのため、小室圭さんが司法試験に落ちたらすぐに全国に配信されることに「やめてあげて欲しい」「そっとしてあげて欲しい」と小室圭さんを擁護する声が続出しているのでした。

小室圭がかわいそうと言われる理由2:親族の金銭問題が公表されている

小室圭さんは眞子さんと婚約する際、母親である小室佳代さんと元婚約者の金銭トラブルが原因で婚約延期されたことがあり、その報道に「かわいそう」「2人を苦しめないであげて」などといった声が続出し、小室圭さんがかわいそうと擁護する人が数多く存在しました。

この金銭トラブルは、小室佳代さんと元婚約者の間に金銭トラブルがあり、400万円以上もの大金を元婚約者に借りていたというものです。

元婚約者が返金の催促をするも小室佳代はそれに応じない状況が続き、金銭トラブルが解決されていないことで小室圭さんと眞子さんの婚約が延期となったのですが、この状況にネット上では小室圭さんと眞子さんがかわいそうという反応が多く見られました。

現在では元婚約者が小室圭さんからの解決金を受け取り、金銭トラブルが解決したことで、2人は無事結婚することとなったのですが、実の母親の金銭トラブルが全国に明かされることは恥ずかしいどころの問題ではありません。

小室佳代さんの金銭トラブルが明らかになったことで「下品すぎる」「皇族への敬意がない」などと小室圭さんのイメージはかなり下がりましたが、報道され続けることで少しずつ小室圭さんに対する同情の声が多くなっていったのでした。

小室圭がかわいそうと言われる理由3:親族の不審死疑惑の浮上

小室圭さん含め、母親である小室佳代さんの周囲にいた人たちが不審死していたことが報道され「小室圭さんがかわいそう」という声が多く寄せられています。

不審死疑惑は下記の通りです。

・小室圭さんの父親(敏勝さん)   焼身自殺 2002年
・小室圭さんの祖父(善吉さん)   後追い自殺2002年
・小室圭さんの祖母        自殺
・小室佳代さんの交際相手(彫金師) 不審死
・小室佳代さんの交際相手の妻   不明

このように、小室圭さんの周囲では5件もの不審死事件が発表されており、一連の報道によって小室佳代さんの保険金搾取の疑いが浮上しました。

小室圭さんの父親の焼身自殺の経緯は、父親が行方不明となり立川警察署から連絡があり、河川敷で父親の焼身自殺が発見されたことで判明し、その後、祖父の善吉さんが息子を亡くしたショックで後追い自殺、この痛ましい事件の約1年後に祖母も自殺をしたのです。

小室佳代さんの愛人であった彫金師とその妻は病死となっており、愛人男性は自殺と報道されていましたが、入院歴があることから自殺の可能性は低いとされました。

不審死が5件も立て続けに起こることはまれであり、なかなか起きることではありませんが、この事件で小室圭さんが罵声を浴びるのはおかしいことであり、小室圭さんと母親の佳代さんは別人です。

また、小室圭さん自身も身内の自殺が明らかになることはとても悲しく辛いものであり、これらの事件が全国に報道されたことにネット上では「小室圭さんがかわいそう」「小室圭さんは関係ない」などといった声が多く寄せられ、小室圭さんを擁護する人が続出したのでした。

小室圭は大学教授を目指す?どんな大学?

小室圭さんはニューヨークで弁護士になるために司法試験に奮闘中ですが、もともと大学でも法律を学んでおらず、司法試験も再々受験となるため「弁護士は厳しいのではないか」といった指摘を受けていました。

しかし、最近はそんな小室圭さんに対して「大学教授になる選択はどうか」といった声が挙がっており、大学教授の道に進む可能性が高いと言われているのです。

また、小室圭さんは弁護士よりも大学教授の方が向いているとも言われており、小室圭さんが応募したコンペは2019年に準優勝、2020年には優勝を果たし「学者として素晴らしい」との評価を受けているのでした。

弁護士の道を諦め博士過程に進むためにはもう一度大学へ入学する必要があり、そうすることで学生ビザが発給され、アメリカへの滞在問題もクリアすることが出来るのです。

そのため、今後は大学教授や学者の道に進むことが考えられ、大学教授を目指す場合は、小室圭さんが大学の頃に専攻していた教養学部に力を入れている、ニューヨーク付近の大学を目指す可能性が高いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です