👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

ペンタックス(PENTAX)はやめとけ?やばい3つ理由とは?黒死病がやばいなど噂を調査

カメラメーカーのペンタックス(PENTAX)ですが一部でやめとけと言われているようです。

今回はそんな噂について調査しました。

ペンタックス(PENTAX)とは

ペンタックスは、初心者から上級者までカメラを嗜む人々に愛されるカメラメーカーです。

ペンタックスの歴史は、めがねの製造から始まり、カメラのレンズ製造そして国産では初となる一眼レフカメラの開発に成功させている実績を誇ります。

このことによりペンタックスは、他のライバルメーカーよりいち早く一眼レフカメラの製造販売をした老舗カメラメーカーとして、現在に至るまで一眼レフカメラ界の第一人者と言えるでしょう。

この記事では、そんな歴史ある老舗カメラメーカー・ペンタックスの気になる噂をまとめてみました。

ペンタックス(PENTAX)はやめとけ?やばい理由1:黒死病という症状が出る

ペンタックスは、古い機種も人気があり愛好家も多くいるのが特徴ですが、一眼レフカメラに関しては、やめておいた方が良いという意見があるようです。

そのやめておいた方が良いという理由に、ペンタックスのKシリーズという種類の一眼レフカメラにおいて、「黒死病」という症状が出る場合があるから。

ネットを検索してみても、やはりペンタックスの一眼レフカメラの、黒死病という言葉が多く見られ、潜在的にはもっと多くの黒死病を発病した一眼レフカメラがあるのかも知れませんね。

その黒死病とは、一眼レフカメラで撮影した画面全体が、暗い写真しか撮れなくなるという症状を指します。

以下にペンタックスユーザーの、悲痛な声をまとめました。

・黒死病なんで放置してるんだ??
・新規ユーザーにおすすめできん。
・また黒死病患者か。

黒死病は、磁気による不具合から発生することがわかっていますが、特に中古の一眼レフカメラを購入する際には、黒死病の有無をしっかりと確認することをお勧めします。

ペンタックス(PENTAX)はやめとけ?やばい理由2:他のメーカーに後れを取っている

ペンタックスを検索エンジンで検索すると、やめとけというワードが出てきますが、その理由を考えてみました。

まず、ペンタックスというメーカーのマイナス面を以下に挙げます。

・新製品の発売延期が日常的。
・他メーカーより宣伝不足。
・レンズを選ぶ幅の狭さ。

そもそもペンタックスは、ライバルメーカーのソニーやニコンなどに後れを取っていると言われています。

その理由として、他のメーカーがこぞって新製品を発売していく中、ペンタックスの製品は発売延期になりがちなこと。

発売が遅れることで、ユーザーを他のメーカーに取られてしまっている上に、メーカーとしての信用も落ちているのかも知れませんね。

宣伝不足というのも、アピールが足りないことからユーザーに魅力が伝わっていないのでは?と考えられます。

レンズを選ぶ幅が狭いというのは、ペンタックスも新しいレンズを発売していっているようなので、ユーザーに浸透すればやめとけという理由にはならないのではないでしょうか?

これらのことを考えると、ペンタックスがさらなる企業努力をすれば、他のメーカーに追いつき追い越せるという伸びしろがあると言えるので、頭ごなしにやめとけとも言い切れないのではと考えます。

ペンタックス(PENTAX)はどんな人に向いている?

ここまでペンタックスのカメラについてまとめてきましたが、ペンタックスをおすすめできる人はどんな人でしょう?

ペンタックスには様々なモデルが存在しますが、初心者向けモデルが多く存在することでも知られています。

ですので、自分は初心者だという自覚がある方は、他のメーカーよりもペンタックスを選んだ方が馴染みやすいと言えるでしょう。

しかし、先述のとおり、黒死病などの危険性があるので、安易に中古品を購入することはおすすめできません。

どうしても安くペンタックスのカメラをお試ししたいというのであれば、中古品の中でも新品に近い商品もしくは、程度の良い美品を選ぶと失敗のリスクを減らせます。

以上の点を注意すれば、ペンタックスのカメラは初心者におすすめできるといえるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。