👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

サカタのタネ横浜の閉店跡地に何ができる?家電量販店やスーパーが有力?気になる情報を調査

今回はサカタのタネ「ガーデンセンター横浜」に対する声を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

サカタのタネ「ガーデンセンター横浜」とは

 

ガーデンセンター横浜とは、1951年にスタートした「坂田種苗・直売部」として国内さきがけの園芸売店です。

1976年に「ガーデンセンター」、1998年に「ガーデンセンター横浜」に改称。

店舗面積は1,900平方メートルで、園芸用品を販売するだけでなく、種まき教室や寄せ植え体験なども催しています。

また、店舗スタッフはガーデニングに詳しい人ばかりで、商品説明はもちろん、自宅で植物を育てる際の悩み相談にも対応してくれるなど、大きくの人に親しまれてきました。

ガーデンセンター横浜の閉店理由とは

 

1951年のオープンから72年の幕を閉じることとなった「ガーデンセンター横浜」。

12月24日で閉店することが決定し、多くの園芸ファンに親しまれていたことから閉店に悲しみの声が寄せられている一方で、「閉店理由が気になる」という声も多く寄せられています。

園芸文化の普及を果たし閉店

閉店理由について、ガーデンセンター横浜は、「園芸文化の普及」という当初の目的を果たしたことから閉店を決意したと発表しています。

時代の変化とともに庭付きの家庭が激減し、一方でホームセンターやネットショップなどの競合は増加したとの説明があり、競合が増加したことも閉店の理由であることが明らかになりました。

園芸が趣味の人は多く、自分で育てた野菜が食べられる喜びが実感できると家庭菜園を楽しむ人は少なくありません。

しかし、仕事や育児に追われることで店舗に行くことが困難となり、ネット注文に頼る人が多くなってきたのは事実です。

ガーデンセンター横浜は東急東横線「反町」下車徒歩5分、京浜急行線「神奈川」下車徒歩5分と、アクセスしやすいのですが、ネットショップの利便性にはかなわないでしょう。

店舗スタッフは園芸に詳しい人ばかりなので、スタッフに直接悩み相談ができるという点は嬉しいポイントですが、近年のインターネットの普及によって、何でもインターネットで検索できる時代となりました。

1951年の開店から多くの園芸ファンに親しまれてきたお店が閉店するとなると、なんだか寂しい気持ちになります。

しかし、閉店後も引き続き、通信販売や「サカタのタネ オンラインショップ」などを通じて、園芸ファンにこれまで以上のサービスを提供し続けるとのことなので、安心してくださいね。

ガーデンセンター横浜の跡地に何ができる?

 

多くの園芸ファンに親しまれていた「ガーデンセンター横浜」が2023年12月24日で閉店することが決定しましたが、閉店後の跡地の活用は検討中のようですね。

そこで、閉店後の跡地は一体何ができるのか、考えられる活用方法を3つ紹介します。

ホームセンター

ガーデンセンター横浜の跡地には新たなホームセンターができることも考えられます。

園芸用品中心の店舗ではなく、日用雑貨や住宅設備に関する商品を販売する店舗は需要があり、敷地面積も申し分ないことから、新たなホームセンターができる可能性もあるでしょう。

スーパー

スーパーができる可能性もあります。

ガーデンセンター横浜は、東急東横線「反町」下車徒歩5分、京浜急行線「神奈川」下車徒歩5分と、かなりの好立地です。

駅近のスーパーは仕事帰りにも立ち寄りやすいため、需要はかなりあるでしょう。

しかし、ガーデンセンター横浜の周辺には「まいばすけっと」や「東急ストア」などの便利なスーパーが多いため、跡地にスーパーができる可能性は低いかもしれませんね。

家電量販店

家電量販店ができる可能性も考えられます。

家電量販店は各メーカー製品の比較購入が可能であり、品揃えが豊富で商品知識が豊かな販売員を抱えているため、家電をしっかりと見定めて購入することができます。

また、家電量販店はオーバーストアとも言われているようですが、新規出店は増えている状況です。(※2022年時点)

人件費の問題等で安く購入できるので、ネットで購入する人が多いのは事実ですが、店舗で自分の目で見て触って確かめる人も多く、店舗スタッフに詳しい説明を聞くことができるなど、店舗購入のメリットが多いのも確かです。

しかし、こちらもスーパー同様、「ヨドバシカメラ」や「エディオン」といった競合がすでにあるため、可能性は低いでしょう。

ガーデンセンター横浜の跡地は未だ検討中のようですが、一体何ができるのか楽しみですね。

ガーデンセンター横浜の近くの他店舗は?

 

2023年12月24日で閉店が決定しているガーデンセンター横浜ですが、近辺にも種苗を販売している店舗はいくつかあります。

そこで、神奈川県横浜市の種苗販売店を3店舗紹介します。

小平種苗商店

(出典:小平種苗商店)

ガーデンセンター横浜から車で13分ほどの距離にある種苗を取り合う店舗です。

営業時間は8時間~19時、定休日は水曜日です。

住所:神奈川県横浜市保士ヶ谷区上星川2-3-1

益田商店

上大岡駅7番出口から徒歩約2分のところにある店舗であり、花の苗や種、球根、さらには工具なども取り揃えています。

営業時間は月曜日10時~16時、火曜日から土曜日は10時~18時、定休日は日曜日です。

住所:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-19-15

三好種苗

(出典:三好種苗株式会社)

JR横浜線中山駅から徒歩1分の東急ストア並びにある店舗で、種・苗・花・資材を販売しています。

また、地元野菜も販売しているようなので、採れたての野菜を楽しむことができます。

種や苗を見るついでに新鮮な野菜も購入できるのは嬉しいですね。

営業時間は9時~19時(水・日曜日のみ9時~18時30分)、年中無休で営業しています。

住所:神奈川県横浜市中山町306-1ミヨシシードビル101

このように、神奈川県横浜市内にはさまざまな種苗販売店があります。

ガーデンセンター横浜から少し距離はありますが、アクセスもしやすく便利な店舗が多いので、ぜひ種苗の購入を考えている人は、立ち寄ってみてください。

コメントを残す