👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

株式会社ソラストがやばいと声はなぜ?しんどい?医療事務の資格を活かせるなど良い口コミも調査

株式会社ソラストですが、一部でやばいと噂されているようです。

今回はそんな噂を調査しました。

株式会社ソラストとは

株式会社ソラストとは、医療・教育・福祉関連の企業であり、「安心して暮らせる地域社会」を支え続けています。

ソラストはさまざまなサービスを提供しており、「人×ICT」による医療DXパッケージで医療業界に新しいビジネスモデルを提供する「スマートホスピタル事業」、プロフェッショナルとして医療機関から信頼されるパートナーを目指している「医療関連受託事業」、住み慣れた地域での暮らしを継続的にサポートする「介護事業」、もう一つの我が家を目指している「こども事業」、医療や介護の現場に必要とされる人材を育てる「教育事業」など、多くの事業が展開されています。

日本初の医療事務教育機関として創業したソラストは、2022年10月25日時点では約30000人の社員が医療関連、介護、保育の分野に携わっているのです。

ソラストがやばいとの口コミ1:給料が低い?

安心して暮らせる地域社会を支え続けると謳っているソラストですが、ネット上では「低賃金」との情報が多く挙がっており、「激務にわりに給料が低すぎる」との噂が浮上しています。

ソラストの「給料」に関する口コミは以下の通りです。

・とにかく基本給が低すぎて手取りが最低賃金ギリギリ。社員のくせして賞与がないから年収は200万円くらい。正直一人暮らしなんて無理だと思う。その割には激務だし残業すると金額の割が合わないから無駄

・給料はとにかく安い。本当に安い。昇格試験を受けないとボーナスもないです。その割に仕事は激務で求められるレベルも高く割に合わないと辞めていく人ばかり。医療事務の資格がなくて、という人でなければおすすめできません

・配属先にもよると思うがとにかく激務の割に給料が少ない。なんでわざわざこの仕事を選んだのかわからなくなるレベルです。当時の手取りは14万円だったか、一人暮らしをしている人にはおすすめできない。ボーナスは基本なし。寸志で1万円貰いました。割に合わない

このように、ソラストの給料に不満を抱いている人は多く、仕事量の割に給料が低いことで一人暮らしをすることも到底無理と考えている人がほとんどでした。

また、ソラストは一人当たりの仕事量もかなりの量であること、ボーナスが支給されない(あっても寸志程度)ということから、社員の給料に対する不満がたまり、結果として給料が低すぎることで退職・転職を考える人が続出してしまうのでした。

ソラストがやばいとの口コミ2:ブラック企業?しんどい?

給料が低く、一人当たりの仕事量がすごいという声が目立つソラストは「ブラック企業」との噂も浮上しています。

ソラストの「労働環境」に関する口コミは以下の通りです。

・入社してすぐに現場に立たされました。まともな教育は1日2時間程度で「やれば覚えるから」と言うが、「間違いは許されないから」とも脅される。チクり、いじめ、冷やかしというパワハラが横行。無視していたら通勤1時間かかる場所へ異動させられた。まぁ退職しますわ

・繁忙期は残業40時間程度になってくるが20時間しかつけてもらえない。次の時間は15時間と毎月認めて貰えない残業が増えていった。また、20人工で病院委託契約を行っているが、業務の幅が広くまた体調を崩し退職する人がいたとしても辞任の補充がなかった。配属先の病院に在籍しながら他の病院の立ち上げに連続3か月勤務させられた。体重は減少し蕁麻疹が全身にでき体調を崩したため退職した

・面接時の話と違う業務時間。残業当たり前。大量募集で採用されたが、次々に辞めていく同期を見て人をコマのように扱う社員。仕事は教えてもらえず、間違えたら患者さんやスタッフの前での叱責。患者さんに対しても横柄な態度をとる先輩社員。受付業務を閉めて事務作業に入れば不平不満と愚痴を聞かされる毎日。お局によるパワハラ・モラハラによる精神的ダメージで退職

このように、多くの人がソラストの労働環境に不満を抱いており、過酷な労働環境で体調不良となり退職してしまった人が後を絶ちませんでした。

1965年に医療事務の育成機関として事業をスタートしたソラストは、医療事務の受託サービスをはじめ病院の経営支援、介護サービス、保育サービスなど幅広い領域で事業を営んでいます。

そして、各現場に「ICT」を導入したことで更なる生産性とクオリティを向上させ、新入社員でも若いうちから大きな裁量を持ち、各プロジェクトの企画立案から実行、検証まで行われます。

そのため成長スピードも早く、やりがいを十分に感じられるとしているのですが、実際には「過酷すぎる」という声が多く、やりがいを感じる以前に仕事量の多さから体調を崩してしまう人が続出し、結果として多くの人が退職してしまったのでした。

ソラストの良い口コミ:医療事務の資格を活かせる

「給料が低い」、「過酷」という低評価な口コミが目立つソラストですが、中には「医療事務の資格を活かせる」という高評価な口コミも寄せられています。

ソラストは日本初の医療事務教育機関として創業し、2022年10月25日時点では約30000人ほどの社員を抱える医療事務に特化した人材派遣会社となりました。

医療・福祉・保育の分野の中でも特に「医療事務」の人材派遣に強いとされていて、全国エリアに対応していることから多くの医療事務資格を保有者が活躍しています。

また、人材派遣だけでなく将来正社員を目指したいという人にもおすすめであり、ソラストには「正社員登用制度」があるため、「医療事務の資格は持っているけれど、いきなり正社員としては心配」という人や「職場の雰囲気を確かめてから正社員を希望したい」という人は派遣からスタートし、後に正社員として働くこともできるのです。

「仕事量が多くて過酷」という口コミが多いソラストですが、その分やりがいを感じられるとも言われており、医療事務の資格を活かしたいと考えている人には、最適な職場なのです。

これらのことから、ソラストは以下の人におすすめとされています。

・未経験から医療事務の仕事を始めたい人

・医療事務の実務経験者や資格を保有していて、活かしていきたい人

・長期で働ける職場を探している人、正社員を希望している人

・仕事と家庭を両立できる職場を探している人

ソラストで働く社員は約9割が女性であることから女性にとって働きやすい環境であり、女性の活躍推進をテーマとし「柔軟な働き方で、女性が働きやすい会社」を目指しているのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です