👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

STAND BY ME ドラえもんがひどいと酷評?1と2の違いはオリジナルストーリーの有無?

映画「STAND BY ME ドラえもん2」ですが一部でひどいと噂されているようです。

今回はそんな噂を調査しました。

STAND BY ME ドラえもん2がひどいとの声1:のび太がダメ男すぎる!

 

2020年11月20日に公開された「STAND BY ME ドラえもん2」。

新型コロナの影響で当初の予定の8月7日公開から延期され、首を長くして待っていたファンも多かったことでしょう。

第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞するほどの映画だから、感動すること間違いなしと思っていたら、こんなのはドラえもん映画とは言えないと批判の声が殺到していました。

・自分の中の「のび太像」が崩れ落ちてしまった。弱虫で泣き虫だけど、純真で心優しいのび太。誰かのためには強くなれるのび太であってほしいのに、こんなダメダメすぎるのは止めてほしかったよ。しずかちゃんが可哀そうすぎたよ。

・前作の1は、ドラえもん初の3DCGだったことと、ストーリーも良かったと満足できたけれど、今回の2については、こんな酷い男になってたなんて、何のためにドラえもんが来てくれたかわかんないじゃん!と一人心の中で毒吐きしてました。しずかちゃん、もっと怒っていいよ(泣)

のび太としずかちゃんの結婚式でのシーン。青年のび太が、なんと結婚式から逃げ出してしまうという、とんでもない事態を起こしてしまったストーリー設定。

のび太のダメダメぶりが、いつものダメダメじゃなく、本物のダメっぷりだと嘆くファンの声がSNS上でもたくさん飛び交っていたのは、ドラえもん好きなファンにとっては余ほど許しがたい設定だったのでしょう。

STAND BY ME ドラえもん2がひどいとの声2:原作の良さが台無し!

 

結婚式まで逃げ出すという青年のび太の酷い態度が、猛烈な批判を受けたSTAND BY MEドラえもん2ですが、今度はストーリーについて酷評する口コミがでていました。

・有名な4本の原作と、前作1の「のび太の結婚前夜」と合わせて、その後をまとめ上げるって、やっぱり無理があったんじゃないかな。色々と話の内容が雑過ぎて、消化不良の映画となってしまった感じです。

・青年のび太のダメっぷりといい、しずかちゃんがここまで怒らないのも許せないけど、おばあちゃんとのシーンとか、もっと話を丁寧に作れなかったのかな。なんでもかんでも原作つなげれば泣けるってわけじゃない。ボリューム盛りすぎて、収拾つかなくなった感じがしちゃった。

原作のなかでも名作と言われる4つの話を織り交ぜ、オリジナルストーリーとして展開させたSTAND BY MEドラえもん2ですが、話の内容が「雑すぎる」という声が出てしまったことは、とても残念でしたね。

次は、一つの原作をじっくりと掘り下げるような「ドラえもん映画」を観てみたいものです。

STAND BY ME ドラえもん2の良い口コミ:心温まるのがドラえもん

 

のび太のダメっぷりや、原作を潰してしまっているかのような雑なストーリーの展開に、不評な声が多数あったSTAND BY MEドラえもん2ですが、やはりドラえもんは最高、感動したと高評価をだしている口コミもたくさん寄せられていました。

・批判的な声が多くて観るのをためらっていましたが、思い切って映画館に行って良かったです。おばあちゃんの優しさや、一つ一つのセリフにも感動。ひみつ道具もワクワクするし、ジャイアンやスネ夫たちとの友情も、のび太とドラえもんの絶対的な信頼感、しずかちゃんのウエディングドレス姿は綺麗だし。素直に心温まるストーリーだったと思う。

・のび太が酷すぎてイラつくよと友達に言われてたけど、確かに逃げ出してしまったのはあり得ないと感じつつも、誰よりも人の幸せを願うのび太だからこそ、このシーンになったんじゃないかとも思う。家族愛、友情、信頼。やっぱりドラえもんは良いなって思った。ずっと続いてほしい。

1969年、藤子・F・不二雄氏により生み出され、50年以上の時を経ても愛され続けるドラえもんは、3DCG映画「STAND BY MEドラえもん2」でも、多くの人々の心を温めてくれているんですね。

STAND BY ME ドラえもん1と2の違いとは

 

家族愛や友情、思いやり、勇気の要素がギューッと詰まっているのがドラえもん映画ですが、2014年公開の「STAND BYMEドラえもん」と今作の「STAND BY MEドラえもん2」には、どんな違いがあるのか調べてみました。

「STAND BYMEドラえもん」が起用した原作は

①未来の国からはるばると

②雪山のロマンス

③のび太の結婚前夜

④さようならドラえもん

⑤帰ってきたドラえもん

⑥たまごの中のしずかちゃん

⑦しずかちゃんさようなら

以上の7本をもとに、ドラえもんとのび太の出会いと別れ、しずかちゃんとの愛を表現した作品に仕上げています。

「STAND BY MEドラえもん2」の起用した原作は、

①おばあちゃんのおもいで

②ぼくの生まれた日

③45年後…

④タマシイム・マシン

以上の4本を用いており、前作の結婚式の前夜からの続編として、「のび太としずかちゃんの結婚式で巻き起こる出来事」という新たなオリジナルストーリーを組み込んで構成された作品です。

つまり、1と2の違いは、起用している原作と完全オリジナルストーリーが入っているかどうかの2点になります。

原作が誕生してから53年。マンガからアニメ、そして3DCG映画にまで長きにわたり続いているドラえもん。

「STAND BYMEドラえもん」も「STAND BY MEドラえもん2」も、家族や友達、ドラえもんとの強い絆、しずかちゃんとの愛情が詰まった作品で、涙した後に心がじんわりと温かくなれる素晴らしい映画です。

ぜひ今年の冬は、「STAND BY MEドラえもん2」を観て、心からホッとする時間を過ごしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です