👉いつまで損するの?あなたにとって一番安いホテル予約サイトとは

アーロと少年がひどい・トラウマの声はなぜ?ラリってる?泣けるラストや映像が綺麗と評判

人気映画「アーロと少年」ですが賛否あるようです。

今回はそんな噂を調査しました。

※当サイトはプロモーションが含まれています。

アーロと少年とは

スポンサーリンク

 

「アーロと少年」は、2015年公開のピクサーによる映画です。

巨大隕石の墜落による恐竜絶滅が起こらなかった世界。

体も小さくて甘えん坊の末っ子恐竜アーロは、父親に頼りっぱなしでした。

ある日、アーロは川に落ちて激流に飲み込まれ、家族から遠く離れた見知らぬ土地へと流されてしまいます。

そこで人間の少年スポットと出会い、アーロは家を目指して長い旅に出ることになります。

アーロとスポットが大自然の様々な脅威に立ち向かう、冒険と成長を描いたアドベンチャーアニメ映画です。

スポンサーリンク

アーロと少年が「ひどい」「トラウマ」との声はなぜ?

 

「アーロと少年」と検索するとひどい・トラウマというワードが出てきます。

みなさんはどんなところにひどいと感じ、トラウマを抱えてしまったのでしょうか。

腐った食べ物で狂気の幻覚を見るシーンがトラウマになるという声がみられます。

・幻覚作用のある木の実のシーンがあまりにも強烈で怖かった。

・発酵した果物を食べるところ、あそこまでやらなくても良いんじゃないかと思う、小学生の時に見てたらトラウマになる。

・木の実食べて狂っているシーンは小さい子供には観て欲しくないと思った。

・幻覚のシーンはやりすぎ、子どもが観たらトラウマになりそう。

・麻薬でもしてるかのような表情で気持ち悪い、Disneyでこんなの流しちゃっていいんだと思った。

虫や爬虫類のシーンが気持ち悪いという声もみられます。

・虫の顔のアップが正直しんどい、爬虫類が嫌いな人は見ない方がいい。

・スポットがでかい虫の首をちぎったり、生きた甲虫を食べるシーンが怖いしグロかった。

・ヒルと群生する小動物が苦手なので、見ているのが苦痛。

・小動物を丸呑みにするシーンが怖すぎてトラウマになる。

お父さんが流される激流のシーンが怖いという声もみられました。

・目の前で父親が濁流に飲み込まれるのはショッキングすぎる。

・お父さんが流されるシーンが実際の災害シーンを観ているようで、トラウマになりそうなくらい怖かった。

・お父さんが濁流に流されるところがリアルすぎて衝撃的、津波を思い出してしまった。

・映像が鮮明だからこそ川の濁流が津波を彷彿させて衝撃的、テロップを流す配慮がほしかった。

「アーロと少年」は子供がみたらトラウマになってしまうような幻覚を見るシーンがあるようです。

また、爬虫類や虫のリアルな描写が見ていて辛いと感じている方もいます。

映像が鮮明だからこそ、濁流のシーンで津波を思い出してしまっている方もいました。

スポンサーリンク

アーロと少年の良い口コミ1:自然の描写が本物みたいで凄く綺麗

 

「アーロと少年」の自然の描写が本物みたいで凄く綺麗という声が多くみられました。

映像美で有名なピクサーの映画の中でも「アーロと少年」は、風景が実写と錯覚してしまうほどリアルに描かれています。

撮影監督のシャロン・キャラハンとスーパーバイザーのマシュー・ウェッブは、背景をリアルに描くことで、アーロが危険を感じていることに真実味が生まれると語っています。

ストーリーと関連性を持たせて描かれた背景映像に、魅せられた視聴者が多かったのではないでしょうか。

「アーロと少年」の映像の美しさが凄いという声が多くみられました。

・映像が綺麗でさすがディズニーピクサー、水や森などの自然の描写がまるで実写のよう。

・雨、川、水面、滝など水の表現が場所によって違く、水ならではの綺麗さと恐怖が伝わってくる。

・空や山、木々、流れる川などの自然描写がずっと観ていたくなるほどの美しさ、さすがピクサー。

・これがCGだなんて信じられないほどに美しく息を飲んでしまう。

・本物にCGつけてるのか全てCGなのかわからない、CGの美しさだけでも観る価値がある、期待以上の作品だった。

本物かCGなのか見分けがつかないほどに、リアルで美しい風景の映像に感動している方が多くみられました。

「アーロと少年」は映像だけでも見る価値がある映画のようです。

スポンサーリンク

アーロと少年の良い口コミ2:別れのシーンは言葉がなくても感動する

 

「アーロと少年」の別れのシーンに感動するという声が多くみられました。

この映画は、恐竜が知識を持ち言葉を話し、人間が野生動物的で言葉は話せないという設定です。

作中では、言葉が通じない恐竜と人間の少年の関係性が描かれており、その中で非言語コミュニケーションを交わしながら、冒険を通じて心を通わせていく様子に感動する視聴者が多いのではないかと考えられます。

「アーロと少年」の言葉の少ない別れのシーンに感動したという声が多くみられました。

・アーロとスポットの別れのシーンは、ほとんど言葉も無くて表情と行動だけで友情とか家族に近い愛が伝わってきて感動した。

・少年と恐竜の間に直接的なセリフのやりとりがないのに、確かな友情をすごく感じる、ラストのお別れシーンに泣いてしまった。

・アーロと少年が別れるシーンが泣けた、言葉が通じなくても友達になれる世界は素晴らしい。

・アーロと少年が言葉っぽい言葉を交わすシーンはないのに、どう思っているか伝わる感情表現が凄く良かった。

・最後のアーロが地面に円を描くシーンは言葉がなくても気持ちが通じてグッときた。

「アーロと少年」のジェスチャーや表情で気持ちを伝え、言葉がなくても別れのシーンでの友情に感動している方が多くみられました。

アーロと少年はどんな人に向いている?

 

「アーロと少年」は、自然の風景が実写のようにリアルに描かれていて、とても映像が美しい作品となっています。

アーロとスポットは言葉ではなく表情やジェスチャーで心を通わせ、そのラストはとても感動できるようです。

なので、会話よりも映像を楽しみたい方に、おすすめのアニメ映画と言えるのではないでしょうか。

ですが、映像が美しい故に津波の描写などで、自然の恐怖を感じてしまう人もいるようです。

また、虫や爬虫類のシーンが多いので苦手な人は気をつけた方がいいかもしれません。