👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

トイストーリー4がひどい3つの理由とは?炎上原因、つまらないとの噂も調査

子供から大人まで人気の高い「トイストーリー」ですが4作目の「トイストーリー4」ですがひどいといった口コミが多く見られます。

今回はそんな口コミについて調査しました。

トイストーリー4とは

トイストーリー4はピクサー・アニメーション・スタジオによるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ロマンティック・コメディ・アドベンチャー映画であり、1995年公開の「トイストーリー」から、1999年公開の「トイストーリー2」、さらには2010年公開の「トイストーリー3」に続く、長編映画です。

ウッディやバズなどのお馴染みのキャラクターが再登場しているだけでなく、前作では別の持ち主の元へ渡ったために登場しなかったボーが再登場するなど「何がおもちゃにとっての幸せなのか」というシリーズの根幹を成す作品となっています。

トイストーリー4がひどい・つまらない理由1:既存のキャラクターの活躍が少ない

トイストーリーは1995年から続く大人気シリーズであり、子どもから大人まで幅広い世代から愛されています。

また、最高傑作と言われたトイストーリー3では、ウッディがアンディとさよならを決意するシーンは世界中の涙を誘ったほどに完璧な作品となり、多くの人に感動を与えました。

しかし、そこで完結したと思われるシリーズにトイストーリー4という続編が作られたことに不満を抱く人が続出し、実際に観た人からは「ひどい」「つまらない」という声が多数寄せられています。

中でも最も多かったのが「既存のキャラクターの活躍が少ない」というものです。

トイストーリーの見どころはミスターポテトヘッドやレックスなど、既存のキャラクターたちの活躍と言っても過言ではありません。

しかし、トイストーリー4ではそのキャラクターたちの活躍が少なく、バズライトイヤーがリーダー的存在ではなくなっているなどといったストーリーとなっており、新しいキャラクターが多すぎたことでトイストーリーファンからは「既存キャラクターは卒業なのか」「既存キャラクターの扱いが雑過ぎる」などといった不満が相次ぐこととなってしまったのでした。

トイストーリー4がひどい・つまらない理由2:おもちゃを大切にする描写がない

トイストーリー4が作られたことで「あり得ない」「4はなかったことにしたい」などといった低評価な口コミが相次いでおり、多くのトイストーリーファンを失望させています。

トイストーリーシリーズは「おもちゃを大切にする」というシーンが必ず描かれており、そのシーンはトイストーリーシリーズにはなくてはならない描写とも言われています。

しかし、トイストーリー4ではおもちゃを大切にする描写がなく、反対にアンディが大切にしてきたウッディたちのおもちゃを乱雑に扱う描写が組み込まれていたことに不快感を抱き、違和感を感じた人が続出しました。
このストーリーは大きな反響を及ぼし、ネット上では「なぜおもちゃを大切にしないのか」などといった討論が行われるほどであり、結論として「ボニーは普通の女の子だから」ということとなりました。

ボニーが一番のお気に入りをウッディに設定するととでストーリーとしては美しく仕上がりますが、それはあまりにも不自然に感じ無理があります。

また、トイストーリー4は大人も観ることを想定して作られているため大人が見ても不自然に感じないような設定にしたことで、今までのような「おもちゃを大切にする」という描写が組み込まれなかったのでしょう。

しかし、その設定が今までとはあまりにも違い、おもちゃを大切にする温かみのある映画を楽しみにしていた人の期待を大きく裏切ることとなってしまい、結果として「トイストーリー4は駄作」と言われることとなったのでした。

トイストーリー4がひどい・つまらない理由3:結末がひどい!炎上してしまう原因に…。

トイストーリーシリーズの結末は、仲間との絆やおもちゃの大切さが描写されており、特にトイストーリー3の結末は全人類の涙を誘ったほどです。

しかし、その続編であるトイストーリー4の結末は今までの作品を覆すほどの駄作と言われ、予想外の結末に「あっさりすぎる」「感動を返して」などといった声が多数寄せられているのです。

トイストーリーは最後は必ず仲間を選び友情の物語として最高の結末を迎えます。

しかし、トイストーリー4の結末ではウッディは仲間を選ばずボーといることを選択し、バズと離れ離れになることも子どもと遊ぶことを大切にしていたにも関わらずそれを選択しなかったウッディに失望の声が相次ぎ、今までの友情深いウッディが好きだった人は悲しみに包まれることとなったのです。

確かに、今回の作品は今までのシリーズのようにおもちゃを大切にするシーンや熱い友情などのシーンはほとんどなく、どちらかと言うとウッディの自己中な行動が目立ち「生き方の多様性」が描かれたストーリーとなっていました。

そのため、トイストーリーファンにとっては今までのストーリーとは違う方向性に困惑してしまい、トイストーリー3のような大きな感動とは逆の結末に「4を抹消して欲しい」という口コミが相次ぐほどに、不評となってしまったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。