👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

うる星やつら2022がつまらないとの声はなぜ?リメイク版の違いについても解説

うる星やつらのリメイクですが賛否あるようです。

今回はそんな声を調査しました。

うる星やつらリメイクとは

1978年に少年サンデーに初掲載されてから早44年。

サンデーで週間連載され単行本になり、その人気からアニメや映画化もされた、原作者高橋留美子さんの代表作である「うる星やつら」が、この度リメイクされ2022年10月にフジテレビにて放送がスタートしました。

恋多きダメ男の諸星あたると、宇宙から来た鬼族のラムを中心に繰り広げるドタバタなラブコメディが、ビジュアルを一新してフジテレビの深夜アニメ枠、ノイタミナにて36年ぶりに復活!

リメイク版うる星やつらについて、どんな口コミが出ているのかご紹介していきます。

うる星やつらリメイクがつまらないとの口コミ:どこが面白いの?テンポが悪い。

1981年10月から1986年3月まで放送されていた「うる星やつら」が、36年の時を経てリメイク版として復活。

昔の作品を知る世代も、初めて見る世代も、それぞれに期待を込めて2022年10月13日の初回放送をご覧になったことでしょう。

どんな感想が出ているか口コミを調べて見たところ、期待に反して残念な口コミが多数出ていました。

・令和版うる星やつら見てみたけど、テンポがイマイチな感じで残念としか言いようがなかった。これ、第二話見る気力がなくなっちゃったよ。

・自分は原作も何にも知らないけど、ラムちゃんとかキャラクターだけは知っていて。親が原作面白いからと言って勧めてきたので一緒に見たけれど、どこが面白いのか分からないまま初回が終わってしまった。

・旧作のほうが断然面白かった。画的には今のほうがレベル高いのは分かるけど、やっぱり画よりも話だと感じた第一話でした。

その他には、旧作と今のキャラクターの描き方や色使いが違っていて残念などという声もありました。

昭和世代だけでなく、今の子供たちが見ても面白みに欠けるという辛い評価が出てしまいましたが、この声を受け止めて今後の制作に反映してもらえた良いですね。

うる星やつらリメイクが面白いとの口コミ:これぞラブコメ!ドタバタ最高!

うる星やつらリメイク第一話に対して厳しい評価が出ていましたが、これは面白いと絶賛している視聴者の声もたくさん出てきたので、ご紹介します。

・旧作とのギャップにへこむかもしれないと思いながらも、リメイク版をアマプラで見てみた。確かに画質は変わってるけれど、ちゃんと昭和タッチな部分も残してるし、なによりラムちゃんが可愛い!第2話も待ち遠しい!

・もう4クールやること決定してるんだ。そんなに続けられるほど面白いのかどうか、厳しめで初回を見たけれど、往年のラブコメの面白さにハマったわ。このドタバタ劇って中毒性あるかも!

・昭和の中に上手く令和な感じも入ってて、ギャグのテンポも絶妙で笑いが止まらなかったです。これが昭和時代に作られていたアニメだなんてスゴイなぁ。

高橋留美子さんが昭和に生み出した「うる星やつら」のキャラやストーリーが、世代を超えて受け入れられ、令和の深夜にたくさんの笑いを届けてくれるなんて、日頃のストレスも吹き飛びますね。

毎週木曜日は、うる星やつら見逃しちゃダメだっちゃ!ですね。

うる星やつらリメイクは何が違う?

36年という長い年月を経ての「うる星やつら」リメイク版。旧作を見ていた人も、新作から初めて見る人も、それぞれに楽しめた初回放送だったと思います。

旧作とリメイク版で声優陣が変わったのかどうか調べてみました。

「キャスティング」

・諸星あたる(旧作は古川登志夫さん/新作は神谷浩史さん)

・ラム(旧作は平野文さん/新作は上坂すみれさん)

・三宅しのぶ(旧作は島津冴子さん/新作は内田真礼さん)

・面堂終太郎(旧作は神谷明さん/新作は宮野真守さん)

・サクラ(旧作は鷲尾真知子さん/新作は沢城みゆきさん)

・錯乱坊(旧作は永井一郎さん/新作は高木渉さん)

などと、声優陣は一新されています。その中で注目なのが、旧作で諸星あたる役だった古川登志夫さんが、リメイク版ではあたるの父役として出演されています。

旧作での記憶をたどりながら、あたるの父役になった古川さんの声に浸れる「うる星やつら」リメイク版ですが、他にも新旧での違いがあるのか調べたところ、

・全体的な画質の感じも今っぽくなって、ラムちゃんの髪の色やアイシャドーも時代に合わせて変化している。

・オープニングでスマホを使っていて令和感が出ているところ。

・初回放送の終盤の自宅でのシーンに、昭和と令和版でのストーリーが若干変わっていて、旧作の1話と3話をまとめた感じになっているところ。

などの違いがありました。

昭和感を失うことなく再現した「うる星やつら」リメイク版ですが、キャラクターの作画や若干のストーリーの違い、スマホなど令和を感じさせるところなど、細かい所を比較しながらリメイク版と旧作を比較してみると、一層楽しめそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です