👉いつまで損するの?今後10年電気代が上がり続ける理由とは?

ベガルタ仙台がやばいと言われる3つの理由とは?赤字経営、SNSでの脅迫など噂を調査

ファンの多いベガルタ仙台ですが一部でやばいと噂されているようです。

今回はそんな噂について調査しました。

ベガルタ仙台とは

ベガルタ仙台とは、仙台市を中心とした宮城県全域をホームタウンに据えるプロサッカークラブのこと。

ベガルタ仙台の前身は、東北電力サッカー部で1999年からJリーグ2部に参加しています。

また、チーム名のベガルタは、織姫のベガと彦星のアルタイルを掛け合わせた造語で、名前の融合と同様に県民・市民と融合し、ともに夢を実現するという願いが込められているといいます。

チームはJ1リーグとJ2リーグの当落線上ですが、東北地方をホームタウンとするチームとしては、絶大な人気を誇るサッカークラブチームです。

この記事では、そんなベガルタ仙台の噂をまとめました。

ベガルタ仙台がやばいと言われる理由1:SNSで脅迫されていた

ベガルタ仙台とV・ファーレン長崎との対戦の後、双方のクラブSNSに極めて悪質な投稿があったことをご存じでしょうか?

その悪質な投稿の内容は、試合で活躍したV・ファーレン長崎の都倉賢へ向けたもので、殺害をほのめかすような脅迫文だったといい、すでにその投稿は削除されています。

スポーツマンシップに則った試合において、一選手に対する極めて悪質な行為ですよね。

この脅迫を受けて、仙台と長崎そして宮城県警は連携して対応をとった結果、投稿を行った本人から連絡があったといいます。

そしてクラブ側と投稿者と思しき人物とのヒアリングにて、その人物が投稿者であることを確認し、無期限の入場禁止処分を本人には通告済みとのこと。

海外では、賭けサッカーでエスカレートした末に、実際に選手が襲撃されたという話もあるので、被害にあった都倉賢選手は家族も含め恐怖だったことでしょう。

一部のサッカーファンが起こしたこととはいえ、真面目に応援している人からすると、心無いファンと一括りにされたくないでしょうし、きっかけとなったベガルタ仙台にとっても由々しき問題となりました。

ベガルタ仙台がやばいと言われる理由2:記念撮影でハプニング?

ベガルタ仙台の試合勝利後、試合の功労者に選ばれた皆川選手への、マッチデー特別賞の記念撮影でハプニングが起きました。

画像を見ると、一見して何の変哲もない記念写真にしか思えませんが、よく見てみると「ん?」というものが写り込んでいます。

と言っても、心霊写真や恐ろしい何かが写り込んでいるわけではなく、撮影被写体とは遥か後方で、杉本選手と小畑選手が写り込んでいるというハプニングです。

その後方に写り込んだ二人の選手が、なにやら上機嫌でポーズをとっている姿が、SNS上でとても話題になったというわけですね。

そのベガルタ仙台の公式ツイッターに投稿された画像を見たファンは、口々にツッコミのコメントを入れています。

・パリピ感。
・微笑ましすぎます。
・何度見ても最高です。
・楽しそう。
・可愛い。

など、ハプニングの画像を楽しむ温かいコメントの数々で埋められました。

杉本選手は、ツイッターで「緊張感のない選手が2人写り込んでしまって本当に申し訳ないです。」と平謝りしていました。

しかし、ベガルタ仙台ファンからすれば、普段のストイックな姿とはかけ離れたおふざけの方が貴重で、むしろこのようなハプニングは歓迎のサービスだったようですね!

ベガルタ仙台がやばいと言われる理由3:存続の危機?

ベガルタ仙台が、債務超過で存続の危機に陥っているのはご存じでしょうか?

皆さんご存じの通り、コロナウイルスの蔓延により各クラブチームが収益減で苦しむ中、ベガルタ仙台も経営で苦戦を強いられているようです。

ベガルタ仙台の赤字経営は、2018年から続いているのでコロナ関係なく慢性的に苦しいわけですが、Jリーグのクラブチームで赤字経営が続くとライセンスがはく奪になってしまうというルールが定められてます。

ルールを簡単に解説しますと、3年連続の赤字だった場合にライセンスのはく奪、もしくは、債務超過の場合は一発でライセンスのはく奪という厳しいもの。

つまり、2018年から続く赤字で本来ならばライセンスはく奪となり、Jリーグのクラブチームとして試合に出られないわけです。

コロナウイルスの蔓延により、2020年と2021年は省かれているので、連続赤字は2018年と2019年の2年連続でストップしていますが、この措置はあくまでも暫定的。

最大の問題は、2022年シーズン中に債務超過からの脱却に加え、赤字経営からも抜けださないといけないこと。

はたして債務超過という借金を返しつつ、赤字脱却する力がベガルタ仙台にはあるのでしょうか?

その答えは神のみぞ知ることですが、経営側もチーム側も一丸となって立ち向かうことが、未来を照らす唯一の光なのは間違いありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。